JALのGW期間中の利用実績、国内線2.3倍 国際線4.5倍

  • 2022年5月18日

 JALは10日、GW期間中の利用実績を発表した。総旅客数は、国内線が前年比2.3倍、国際線が同4.5倍となった。

2022年度ゴールデンウィーク期間(2022年4月29日~5月8日)について、JALグループ航空会社便のご利用実績を取りまとめましたので、ご報告します。

国内線の総旅客数は、前年比で231%となっており、大変好調に推移しました。方面別では、全方面で前年を大きく上回っていますが、特に、東北・北陸、関西、中国・四国方面の総旅客数は前年比で約3倍となり、好調に推移しました。日別では、下りが4月29日をピークに5月3日まで、上りは5日をピークに、搭乗率の高い日が続きました。

国際線は、新型コロナウイルス感染症拡大前の水準には達していないものの、水際対策の緩和などにより、総旅客数は前年比で446%となるなど、需要回復の兆しが見られました。特に、ハワイ線の総旅客数は、前年比で9倍以上となり、また、期間中にほぼ満席となった日もあり、ハワイ人気復活の兆しが鮮明となりました。

【JALグループご予約状況】※前年比は2021年4月29日~5月8日の実績と比較しています。

 

1.国内線 (JAL、J-AIR、JAC、HAC、JTA、RAC各社合計) ※カッコ内は前年の数字

※総旅客数について、2019年との比較では81%。

2.国際線 (JAL) ※カッコ内は前年の数字

※総旅客数について、2019年との比較では28%。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram