JALとKDDI、ドローン運航の効率化で連携

  • 2022年9月8日

JAL

 日本航空(JAL)とKDDIは8月26日、ドローンの社会インフラ化に向け、1人の操縦者が複数のドローンを運航する「1対多運航」を実現する取り組みを連携して始めることを発表した。ドローン運航の効率化を目指す。

 同取り組みは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が推進するプロジェクト「次世代空モビリティの社会実装に向けた実現プロジェクト」における「ドローンの1対多運航を実現する機体・システムの要素技術開発」事業の一環として実施。今年12月には、「有人地帯における補助者なし目視外飛行(レベル4飛行)」の法施行による解禁が予定されており、ドローンが物流、点検、警備、災害対応などの場面で、企業や自治体による新しい空のインフラとしての利活用が期待されている。

 同取り組みでは、KDDIとKDDIスマートドローン(東京都港区)が共同開発しているドローンの遠隔制御、自律飛行を実現する運航管理システムに、JALが培ってきた空の移動に関わる安全管理、運航管理などの航空運送事業のオペレーション、技術、知見を組み合わせる。ドローンの1対多運航を可能にする飛行制御システムの開発を進めるとともに、日本各地で実証を行う。

 両者は、2月にドローンの社会実装に向けて提携。複数のドローンを統合的に運航管理する体制づくりや、企業・自治体向けドローン活用支援のビジネスモデルの検討などに取り組んでいる。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram