GoTo事業者へのキャンセル補填、12日以降は35%相当

  • 2021年1月19日

 Go Toトラベル事業の全国一律の停止延長は、新規予約、既存予約を問わず、年末年始の停止期間(12月28日~1月11日)に続いて、1月12日から2月7日までが対象期間となる。旅行・宿泊事業者に対する既存予約のキャンセル補填は、旅行・宿泊代金の35%相当額に決まった。

 停止措置の延長で1月7日午後6時までに予約されていた商品のキャンセルは、12月14日~1月17日の期間、旅行予定者は無料でキャンセルが可能。すでに支払い済みのキャンセル料は返金を求めることができる。

 既存予約のキャンセルを受けた旅行・宿泊事業者には、キャンセル料の発生の有無にかかわらず、旅行・宿泊代金の35%相当、1人泊当たり1万4千円を上限に事業予算から補填を行う。12月14日午前0時の時点で予約済みだったことが条件。ただ、2月1日以降の旅行・宿泊商品は、事業を適用した販売がまだ認められていない段階だったため、補填などの対象にはならない。

 緊急事態宣言の発令に伴う停止措置の延長期間(1月12日~2月7日)中のキャンセル補填は、特別措置として手厚い支援が実施された年末年始(12月28日~1月11日)の代金の50%相当、上限2万円という設定とは異なっている。

     
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram