Aカードホテルシステム、「Aカードオンラインカンファレンス2022」開催

  • 2022年3月12日

内藤社長

 宿泊金額に対してポイントが加算され、獲得ポイント数に応じて「キャッシュバック」のサービス特典が与えられる「Aカード」。同カードを運営するAカードホテルシステム(東京都千代田区、内藤信也社長)は2月22日、カードを導入する独立系のホテル経営者らを対象にした「Aカードオンラインカンファレンス2022」を開催。約160人が聴講した。

 カンファレンスでは、Aカードの事業報告に加え、加盟店の経費アンケートの詳細と、加盟店の取り組み事例を紹介した。例年は、「Aカードトップ会」として、会員ホテル間の親睦なども目的に毎年、東京都内で開催されているが、コロナ禍の中、2020年2月以来となるオンラインでの開催となった。

 Aカードの1月末日時点の加盟店舗数は485ホテル(5万1213室)、39レストランで、(コロナ前の)19年に比べ、24ホテル(2708室)増加。ユーザー会員数も同じく1月末時点で124万人を超えた。

 内藤社長は、毎月の「Aカード通信」の中で、新型コロナウイルスに関する政府、都道府県別の支援策情報などを配信していることを報告。また、新規加盟を呼び掛ける業界向けの媒体に加え、出張サラリーマンの購読が多い週刊誌などに積極的に広告を展開し、Aカードアプリの累計ダウンロード数が7万件を突破したことを明らかにした。Aカードアプリは、カードレス機能を追加する改修を年内中に実施する予定。

 サンプリング無料配布サービスの展開に加え、加盟ホテル向けの支援策として、積極的に新規会員を獲得している加盟店向けに、入会促進用のノベルティ(粗品)を提供。54店舗への導入実績があった。また、JTB商事と連携しカタログ価格から最大で30%が割引となる「ホテル備品共同購買サービス」と、加盟店舗向け特別価格で提供する「アメニティ共同購買サービス」を紹介。アメニティ共同購買サービスは、4月からの「プラスチック資源循環促進法」に対応した「エコ歯ブラシ」などもラインアップした。

 Aカード会員の出張宿泊需要の推移について内藤社長は「19年1月と比較すると、この1月時点では85%まで回復している」と指摘した。特に、電気、ソフトウエアなどのメタルカラーと、建築、土木のブルーカラーの出張需要が堅調という。「この層の落ち込みはない。今ある需要を確実に取り込んでいくことが重要」などと述べた。


内藤社長

     
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram