JNTO、ラグビーW杯開催地の釜石に海外メディア招聘 新スタジアムなど紹介

  • 2018年9月9日

釜石鵜住居復興スタジアムを取材する海外メディアの一行

 日本政府観光局(JNTO)は17~19日、来年のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の開催地の一つ、岩手県釜石市への視察旅行に東京駐在の海外メディアを招請した。試合会場となる釜石鵜住居復興スタジアムの開場記念イベント(19日)や釜石市の観光スポットなどを紹介。海外メディアによる情報発信を通じて、ラグビーW杯を契機とした訪日外国人旅行者の誘客拡大につなげる。

 ラグビーの人気が高い英国、フランスを中心に、ガーディアン紙、ロイター通信、AFP通信などメディア9社を招いた。完成した釜石鵜住居復興スタジアムの開場イベント、釜石鉱山、カキ養殖場などのほか、漁船を使って尾崎半島に案内して、浜焼きやビーチクリーンなども体験してもらった。

 新スタジアムや観光スポットだけでなく、ラグビーW杯に向けた地元の盛り上がり、東日本大震災からの復興の様子を発信するため、旅館の女将、学校長や生徒などの市民へのインタビューの機会も海外メディア向けに設定した。

 アジア初となるラグビーW杯日本大会は来年9月20日~11月2日に開催。釜石鵜住居復興スタジアムの2試合を含めて日本国内12都市で48試合が行われる。公認チームキャンプ地も全国52カ所に上るなど、日本、地方の魅力を世界に発信する好機となっている。

 JNTOでは今年2月、理事長・総括理事直轄の部署としてラグビー・オリパラ戦略推進室を設置。東京オリンピック・パラリンピックとともに、ラグビーW杯日本大会を契機としたインバウンド振興を目指す。大会の期間中だけでなく、終了後も、地方などへの旅行需要が増加するよう取り組む。


釜石鵜住居復興スタジアムを取材する海外メディアの一行

関連する記事

東急電鉄は、外国人観光客向け「TOKYO GUIDE&TOKYU LINES」を発行し、沿線のインバウンド観光を強化する。 当社は、今後2020年の東京オリンピック・パ…

続きを読む

エクスペディア グループは、2018年の日本の宿泊施設の需要に関する分析を発表した。 世界 75 カ国以上、35 言語で多彩な旅行ブランドを展開する世界有数の旅行プラット…

続きを読む

訪日旅行専門の旅行会社TASは19日、京都市上京区の立本寺内に宿坊「立本寺 四神閣」を開業したと発表した。 東南アジアを中心とした訪日旅行(インバウンド)専門の旅行事業を…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube