JNTO、ラグビーW杯開催地の釜石に海外メディア招聘 新スタジアムなど紹介

  • 2018年9月9日

釜石鵜住居復興スタジアムを取材する海外メディアの一行

 日本政府観光局(JNTO)は17~19日、来年のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の開催地の一つ、岩手県釜石市への視察旅行に東京駐在の海外メディアを招請した。試合会場となる釜石鵜住居復興スタジアムの開場記念イベント(19日)や釜石市の観光スポットなどを紹介。海外メディアによる情報発信を通じて、ラグビーW杯を契機とした訪日外国人旅行者の誘客拡大につなげる。

 ラグビーの人気が高い英国、フランスを中心に、ガーディアン紙、ロイター通信、AFP通信などメディア9社を招いた。完成した釜石鵜住居復興スタジアムの開場イベント、釜石鉱山、カキ養殖場などのほか、漁船を使って尾崎半島に案内して、浜焼きやビーチクリーンなども体験してもらった。

 新スタジアムや観光スポットだけでなく、ラグビーW杯に向けた地元の盛り上がり、東日本大震災からの復興の様子を発信するため、旅館の女将、学校長や生徒などの市民へのインタビューの機会も海外メディア向けに設定した。

 アジア初となるラグビーW杯日本大会は来年9月20日~11月2日に開催。釜石鵜住居復興スタジアムの2試合を含めて日本国内12都市で48試合が行われる。公認チームキャンプ地も全国52カ所に上るなど、日本、地方の魅力を世界に発信する好機となっている。

 JNTOでは今年2月、理事長・総括理事直轄の部署としてラグビー・オリパラ戦略推進室を設置。東京オリンピック・パラリンピックとともに、ラグビーW杯日本大会を契機としたインバウンド振興を目指す。大会の期間中だけでなく、終了後も、地方などへの旅行需要が増加するよう取り組む。


釜石鵜住居復興スタジアムを取材する海外メディアの一行

関連する記事

日本政策金融公庫はこのほど、直近1年間に日本への観光旅行をした中国、韓国、台湾の人々に訪日旅行に関するアンケート調査を行った。前回の訪日旅行で利用した宿泊施設を複数回答で…

続きを読む

山形県村山市は、訪日外国人旅行者を対象とした居合道体験観光プログラムを作った。10月26日には同市の村山居合振武館で香港、ペナン、フランス、オランダからの留学生や訪日客ら…

続きを読む

日英バイリンガルメディア「タイムアウト東京」は、外国人向けの人気ガイドマップ「渋谷でしかできない101のこと」(英語版・無料)第10版をリリースした。 2012年より毎年…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube