須坂祇園祭など3件、文化財登録を答申へ 長野県文化財保護審

  • 2020年9月17日

県無形民族文化財となる須坂祇園祭

 長野県文化財保護審議会はこのほど、長野県宝として2件、県無形民俗文化財として1件を新たに指定するよう県教育委員会に答申した。答申通り指定されれば、県宝は241件、無形民俗文化財は30件になる。

 県宝指定は、長野市の無上院が所有する「銅造阿弥陀如来及び両脇侍立像」と、飯山市の忠恩寺が所有する「木造阿弥陀如来立像」。

 銅造阿弥陀如来及び両脇侍立像は、善光寺宗徒七院とされた無上院伝来であることから、信濃の有力御家人の関与が推察され、貴重とされる。また、木造阿弥陀如来立像は全国的にも数少ない鎌倉時代後期のもので、「一般的な阿弥陀様とは異なり、次の南北朝時代の慶派仏師の作風に連なる特色を示す点で、美術史的に貴重」という。

 無形民俗文化財として須坂市の須坂祇園祭が指定された。1755(宝暦5)年には笠鉾、屋台が曳き回され、1829(文政12)年にはすでに現在に近い形で行われている。

 京都・八坂神社系の系譜を引き継いでいるが、笠鉾などにおいて独自の展開を遂げ、貴重とされる。


県無形民族文化財となる須坂祇園祭

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram