近代化遺産を一般に公開

  • 2022年10月11日

 全国近代化遺産活用連絡協議会(全近、会長・多々見良三舞鶴市長)は1日から11月30日まで、148カ所の近代化遺産を一般公開する。

 近代化遺産の一斉公開は18回目で、岩手銀行(旧盛岡銀行)旧本店本館(盛岡市)や旧新潟税関庁舎(新潟市)、赤れんが倉庫群(京都府舞鶴市)、角島灯台記念館(山口県下関市)などが対象。

 また、12市町で参加型イベントを実施。例えば、埼玉県行田市では「足袋蔵等近代化遺産見学・体験ツアー」を10月20日、11月6、19、23日に実施。足袋とくらしの博物館、旧忍町信用組合店舗など、通常非公開の建物内部を含む、5カ所以上の近代化遺産を徒歩で巡る。料金は昼食付きで1500~2千円。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram