観光庁が発足から10年 「観光先進国の実現へ」長官が意欲

  • 2018年10月10日

 観光庁が1日に発足から10年を迎えた。この10年間で訪日外国人旅行者数は約3.4倍となるなど、観光は日本経済の発展、地域の振興に一定の貢献を果たすまでに成長した。ただ、高次元なインバウンド施策、地域の持続的な発展を支える観光施策の展開など課題は山積。節目を迎えて田端浩長官は「観光先進国」の実現に向けたコメントを発表した。

 観光庁は、観光基本法を全面改正した観光立国推進基本法の制定(2007年1月施行)に伴い、政府を挙げた観光施策の強化を目的に、国土交通省の外局として08年10月1日に発足した。

 発足した08年の訪日外国人旅行者数は835万人だったが、リーマンショック、東日本大震災などを乗り越え、13年に1千万人を突破、16年には2千万人を超え、17年に2869万人に達した。

 16年3月には政府が観光振興の中長期構想「明日の日本を支える観光ビジョン」を策定。訪日外国人旅行者数を20年に4千万人、30年に6千万人などの目標を設定し、「観光先進国」実現への挑戦を掲げた。ビジョンを踏まえ、観光庁は関係省庁とともに施策の充実、法制度の整備などを進め、新たな財源として国際観光旅客税も創設した。

 観光庁の田端長官は「これからは『数』の達成だけでなく、観光先進国を目指して、その効果を日本の成長戦略や地方創生に具体的に結びつけるという視点が必要だ。旅行消費や観光関連投資などによる経済効果という目に見える指標も念頭に戦略を考えることや、利用者の目線に立ち、国民の目から見ても分かるような取り組みを進めていく」と表明。「訪日外国人旅行者数を4千万人にするなどの目標達成に向け、これからが正念場」「観光庁は、この10年間で培ってきたノウハウや経験を生かしながら、災害にも負けない観光先進国の実現に向けて、さらなる高みを目指していく」との考えを示した。

関連する記事

政府はこのほど、11月の月例経済報告を決定した。景気の基調判断は「緩やかに回復している」と、前月の判断を据え置いた。同様の判断は11カ月連続。項目別でも、前月の判断をほぼ…

続きを読む

観光庁はこのほど、スノーリゾート地域の活性化に向けたモデル事業として、秋田県と新潟県で実施される2件を選定した。訪日外国人のスノーリゾートへの誘客、日本人のスノースポーツ…

続きを読む

内閣府はこのほど、地域経済に関する年1回の報告書「地域の経済」をまとめた。地域経済に大きな変化をもたらしつつある「インバウンド需要の拡大」と「人手不足問題」の二つに焦点を…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube