職域接種 温泉・観光地で動き広がる

  • 2021年6月21日

従業員の健康、利用客の安心・安全に

 全国の温泉・観光地で新型コロナワクチンの職域接種に取り組む動きが広がっている。天童(山形県)、道後(愛媛県)、有馬(兵庫県)の旅館協同組合、観光協会などが既に態勢を整え、旅館・ホテルの従業員らを対象に、早ければ今月から接種を始める。「従業員の健康を守るとともに、お客さまに安心して施設をご利用いただける」と、旅館・ホテル経営者らは、その効果を期待する。
 
 職域接種は地域の負担軽減、接種の加速化を目的に、企業や学校などの職域単位で接種を行うもの。企業単独のほか、中小企業が商工会議所などを通じて共同で行うことも可能だ。ワクチンを打つ医師や看護師、接種会場を自力で確保したり、最低千人程度に接種を行うなどの要件を満たした場合に国への申請を経て実施できる。

天童や道後旅組 各地で準備進む

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram