楽天、民泊向けにIoTサービス

  • 2018年2月14日

平井氏(右)と舘林氏

 楽天グループの通信会社、楽天コミュニケーションズ(平井康文会長兼社長)は1日、民泊事業者向けの運用支援サービス「mister suite(ミスタースイート)」を提供するSQUEEZE(舘林真一社長)と民泊向けIoTサービス「あんしんステイIoT」を共同開発し、同日からサービス提供を始めたと発表した。

 あんしんステイIoTでは、「本人確認用タブレット」「スマートロック」「騒音センサー」などのIoT機器を有償提供。鍵管理、宿泊者名簿作成、本人確認、宿泊者サポート、騒音検知、チェックアウト等の宿泊事業に関わる運用業務の大幅な効率化を目指す。

 平井氏は「本年度中に数千部屋分の契約を獲得したい」と意気込んだ。

 楽天グループでは、楽天ライフルステイが6月に民泊サイト「Vacation Stay(仮称)」の開設を予定。楽天が、民泊・簡易宿所向けのブランディング・運用代行サービス「Rakuten STAY」を開始している。あんしんステイIoTをRakuten STAYの提供メニューに組み込むことも今後検討するという。

関連する記事

ベビースターのテーマパーク「おやつタウン」の開業日が7月20日に決まった。 株式会社おやつタウン(所在地:三重県津市、代表取締役:松田 好旦)は、おやつカンパニー社が全国…

続きを読む

ジャストシステムは14日、「人工知能(AI)&ロボット月次定点調査 2018年総集編【トレンド版】」の結果を発表した。 ~AI導入により、約7割が「労働生産性は上がる」~…

続きを読む

専門学校日本ホテルスクール(東京都中野区)は1、2月、国際ホテル学科ホテル科・英語専攻科2年生対象の卒業ゼミを行った。学生は架空のホテルを舞台にホテル経営を模擬的に実践。…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube