全旅連ポストコロナ委、観光支援事業予算先獲得へ 

  • 2022年6月14日

22年度の活動方針を決めた会合

事業者の声聞く新制度も

 全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会(全旅連)のポストコロナ調査研究委員会(大木正治委員長)は3日、東京の全国旅館会館で会合を開き、2022年度の重点施策として、政府による全国的観光支援事業の予算再獲得に向けた活動の実施と、全国各地の宿泊事業者の声を聞く「地域ボイス制度」の創設を決めた。従来行っている組合員旅館・ホテル向け経営実態アンケート調査も継続する。

 政府の観光支援事業「Go Toトラベル事業」はオミクロン株の拡大で再開が延期となり、3月末に予算の一部、4600億円が国庫に返納された。委員会では「コロナ禍で受けた観光業界の損失は数年では取り戻せない」「需要喚起・刺激の必要性から、継続的な観光支援事業の予算再獲得を目指す」とし、国の補正予算計上に向けて活動する。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram