京、非接触QR受け付けシステム「コロスケ」発表

  • 2020年10月1日

ホテル導入例

 システム開発や販売、ホテル・旅館のコンサルタント業務を行う京(長野県松本市)は10月1日から、非接触QR受け付けシステム「COROSUKE(コロスケ)」の提供を始める。チェックイン時の事務手続きをシステム化することでフロントでの密を避け、従業員と宿泊客の感染リスクを軽減する。

 フロントのPCモニターやタブレットに宿泊者専用のQRコードを表示。宿泊客に自身のスマートフォンで読み取ってもらい、部屋の鍵を渡した後、室内で必要事項を記入してもらう。

 記入する事項は施設ごとに自由に増やすことが可能。外国人の場合はカメラ機能でパスポート画像をデータ化する。

 料金は旅館・ホテルプランで、月額千円から。1チェックインごとに1~3円の利用料がかかる。「大手のタブレットチェックインシステムに比べ、導入しやすい低価格の設定にした」と同社。データの保管期間は3年。

 同社は松本市内のホテルニューことぶき、上高地温泉ホテル、松本ホテル花月の3事業者が設立した。


ホテル導入例

     
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram