三鉄がギャラリー列車運行

  • 2021年10月2日

 三陸鉄道(岩手県宮古市)は、日本広告制作協会(OAC)と協力し、10月1カ月間、ギャラリー列車を運行する=写真はヘッドマーク。新型コロナウイルスの影響で観光客を中心に乗客が減少しており、OACは「三陸鉄道と沿岸の町が(このイベントを通して)少しでも元気になれば」と話している。

 「絶景!三鉄車窓ギャラリー列車」として、リアス線で1両運行する。10月1日には宮古駅ホームで関係者が出席して出発式が行われる予定だ。

 OACの呼び掛けに応じて全国から寄せられたプロ・アマによる四季折々の車窓風景60点を掲出する。「三陸沿岸ならではの美しい風景を、車窓とイラストの両方で楽しんで」と乗車を呼び掛ける。

 また、60点の中から13点を選んで構成したカレンダーを製作、同日から販売する。定価1500円。各月には三鉄職員一押しの絶景ポイントやグルメ情報、巻末ページには沿線グルメ情報のイラストマップを掲載している。

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram