ラグビーW杯を好機に訪日観戦客の動向解説 JARCゼミナールでやまとごころの村山氏

  • 2019年2月19日

JARCゼミナール

 宿泊施設関連協会(JARC、林悦男理事長)は7日、第8回JARCゼミナール「ラグビーワールドカップまで半年。まだ間に合うインバウンドビジネス」を東京都千代田区の同協会事務所で開いた。講師は、同協会理事でやまとごころ社長の村山慶輔氏が務めた。

 村山氏は「2019年ラグビーワールドカップ、2020年東京オリンピック・パラリンピック、2021年ワールドマスターゲームズ関西。ゴールデンスポーツイヤーズの到来がインバウンドを加速する」と強調した。

 ラグビーワールドカップ日本大会は、12都市・12会場で48試合、開催期間は9月20日~11月2日の44日間。海外観客数は約41万人と想定され、「参加国はヨーロッパ、オセアニアが中心で、ファン層は富裕層が多い」と説明した。 
 
 その上で、2015年にほぼ同規模で開催されたラグビーワールドカップイングランド大会の実績数値を「海外観客1人当たりのチケット購入枚数は平均2~4枚」「平均滞在日数は、遠方からの旅行者が14日間、欧州からの旅行者が3~4日間」「海外観客1人当たりの消費額を平均2400ポンド(1ポンド・185円換算で約44万4千円)」と紹介し、期待される経済効果の高さを示した。

 またラグビーファンの主な特徴として、(1)アルコールの大量消費(2)日本初心者も多い(3)滞在型で日本ならではの体験を求める(4)ベジタリアンやタトゥーがある方もいる―を挙げた。タトゥー対応については、観光庁がホームページに掲載している「入れ墨(タトゥー)がある外国人旅行者の入浴に際し留意すべきポイントと対応事例」の内容を紹介。さらに、別府市が英語サイトで「入れ墨があっても入浴できる100の温泉」を公開している事例も紹介。グーグルマップ上で、大浴場に入浴可能な50施設を水色、貸し切り湯のみの40施設はオレンジ色、足湯・手湯10施設は青色に色分けして表示しているとした。


JARCゼミナール

関連する記事

訪日旅行専門の旅行会社TASは19日、京都市上京区の立本寺内に宿坊「立本寺 四神閣」を開業したと発表した。 東南アジアを中心とした訪日旅行(インバウンド)専門の旅行事業を…

続きを読む

物部川DMO協議会は、観光PRパンフレット「とりせつ」を台湾の旅行博などで配布する。 「HASHIWATASHIプロジェクト」事務局(株式会社 NTTアド)は、支援事業…

続きを読む

国際観光日本レストラン協会(安田眞一会長=新宿京懐石柿傳、172会員)は7日、ホテル椿山荘東京(東京都文京区)で創立60周年記念式典と通常総会を開いた。60年間の永年継続…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube