サクランボで誘客 山形・東根市の観光シーズン幕開け

  • 2022年5月12日

 サクランボ生産量日本一で、人気ブランド品種「佐藤錦」発祥地の山形県東根市で4月21日、サクランボ観光果樹園のオープンセレモニーが行われた。「果樹大国・ひがしねプリンセス」も加わりテープカットが行われ=写真、同市の観光シーズンが幕を開けた。

 セレモニーは東根市観光物産協会(佐藤茂美会長)の主催で、「神町りんご研究所」の温室内で実施。同市の土田正剛市長、同市農業協同組合の佐藤勝藏組合長をはじめ、観光・果樹園部会の関係者らが参加した。

 あいさつした土田市長は「当市の風物詩となった日本一早い観光果樹園のオープンがやってきた。生産量だけでなく、『GIサクランボ』のブランド力が高い評価をいただいている」と指摘。その上で「今年もサクランボ狩りのモーニング(午前9時から10時)とアフター(午後2時から3時)の入園料を500円割り引く企画を行う」と述べた。割引は露地もののサクランボ狩りを行う同市観光物産協会加盟の観光果樹園で、6月18日から7月3日までの土・日曜限定で行う。

 参加者は、プリンセスからコロナ感染防止への留意点の説明を受け、露地ものより一足早い、温室内でのサクランボ狩りを堪能した。

 昨年は開花期に霜被害にあって生産量が平年の約20~30%まで低下。同園を経営する神町りんご研究所の須藤一元氏は「今年は霜被害もなく、甘味、色味、食味も近年にない出来。大勢のさくらんぼファンの来園を心待ちにしている」と語った。

 東根市のサクランボは、2017年に農林水産省から地理的表示保護制度の「GI」に登録され、他の生産地と差別化を図っている。人気ブランドの佐藤錦が初めて結実した1922年から今年で100年を迎える。

 今回始まった温室内でのサクランボ狩りは6月初旬まで。露地もののサクランボ狩りは6月10日ごろから7月中旬まで続く。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram