【WEBマーケティング インターネット徹底集客 188】卒業旅行マーケットの取り込み 内藤英賢

  • 2018年3月18日

 今号では2月3月と増加する卒業旅行(学生旅行)の取り込みについて考えてみたい。

 以前にも卒業旅行プランの活用方法ということで触れたが、簡単におさらいしたい。(1)卒業旅行は、2月3月の閑散期の平日稼働を押し上げる効果が期待できる。(2)プランを作成する場合は、学生には社会人ほどの経済力はないため、基本的には、その予算に応じた価格帯にすることが望まれる。その際、値崩れを防ぐために、平日限定&学生限定(学生証の提示を求める)にしても構わない。(3)卒業旅行に複数回行く学生たちが増えている(サークル、クラス、高校や中学時代の友人など)。目的も多様化しており、アクティブ系の卒業旅行プランや癒やし系の卒業旅行プランなどの多様な卒業旅行プランを作成し、門戸を開くことも有効である。

 この基本原則は変わっていないものの、最近の傾向として見逃せないのは、やはりSNSを通じて、行き先や宿泊先の選択をしているという点であろう。試しに自施設の屋号を入れて調べてみてほしい。

 学生と思わしきお客さまが館内外のさまざまなスポットで記念写真を撮っていると思われる。したがって、館内外でのフォトスポット化やフォトスポットの紹介は重要な要素の一つとなっている。たとえば「美しい記念写真が撮れる、撮り方はこうだ」のようなコンテンツを施設サイドから提案しても面白いかもしれない。

 また、一つの事例で、ちょっとしたことではあるが、マルチタップ付きの延長コードをお部屋に入れておいたり、チェックイン時に貸し出し品としてお渡ししたりすると喜ばれる。スマホが1人1台当たり前で、かつ寝る直前までスマホを使う層なので、気が利く施設だなと喜ばれるのである。

 以前に学生旅行について述べたときよりも時代が移り変わり、検索ツールなども変化はしているものの、原理原則は「別れ別れになる友人たちと記念となる旅行をしたい。楽しみたい」という点であることは不変であるので、その気持ちに沿って施設側でできる点を提案し、おもてなしすることが大事である。

(アビリティコンサルタント・プライムコンセプト取締役 内藤英賢)

関連する記事

コンフィという料理がある。冷凍技術がない頃、保存食としてフランスで生まれたものだ。低温の脂で煮て、そのまま冷やし固め保存するという調理法だ。食べるときにカリッと焼く。 …

続きを読む

昨年の西日本豪雨、台風21号の記憶がまだ新しい中、今年は台風15号、19号に続き豪雨が関東以北を直撃した。19号では自宅も瞬間最大40メートルの強風で窓がきしみ、夜の9時…

続きを読む

東京モーターショーが久しぶりに来場者数100万人を突破したというニュースがあった。今回大幅に刷新された展示内容の大きなテーマの一つが「体験型コンテンツ」であった。やはり、…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube