【WEBマーケティング インターネット徹底集客 187】世界の大型連休 内藤英賢

  • 2018年2月27日

 今年の2月は海外ゲスト(特に中華圏のお客さま)が多かったという感想を持った施設も多かっただろう。インバウンドが活況な地域では当たり前になりつつある春節の影響によるものである。今号では、増加するインバウンドに向けて、海外の大型連休について考えてみたい。

 春節については、今さらではあるが説明しておくと、中国(中華圏)における旧正月のことであり、この日を起点にその前後で大型連休になるため、レジャーに出掛ける人も多く、日本においても宿泊業に影響を及ぼすという構図である。ちなみに2018年は2月16日が春節であったため、2月15~21日が連休期間となった。したがって、この期間に中華圏のお客さまが増えたのであれば、少なからず春節の影響があったと見てよいであろう。

 世界情勢によって変化はあるものの、毎年中華圏からの海外ゲストは増加の一途をたどり、春節は要チェックの休日になってくるだろう。なお、19年は2月5日が春節のため、その前後の2月4~10日と予想されている(予想と述べているのは毎年、12月上旬頃に正式に休日が制定され発表されるためである)。東京などの都心部では、既に予約が入り始めているホテルもあるので、今年影響があったと想定される地域や施設では、その動向に注意しておいていただきたい。

 このように、今までは日本の大型連休のみに注目していればよかったが、今後は海外の大型連休も見逃せない時代が来るだろう。たとえば、春節以外にもキリスト教圏のイースターは有名だが、タイの旧正月にあたるソンクラーンという大型連休(ソンクラーン自体は大型連休という意味ではないが、便宜上そのように述べる)があり、タイのお客さまが多い地域では、既に予約が入り始めている。

 自施設や属する地域において、影響のある国の大型連休へのチェックはもちろんのことながら、日本では閑散期に当たるような日程でも、ある国では大型連休の場合もあるので、その地域に向けてプロモーションを仕掛けるというのも一つであろう。ぜひ、今までとは違った視点でカレンダーを眺めて、戦略を立ててみてはいかがであろうか。

(アビリティコンサルタント・プライムコンセプト取締役 内藤英賢)

関連する記事

東京モーターショーが久しぶりに来場者数100万人を突破したというニュースがあった。今回大幅に刷新された展示内容の大きなテーマの一つが「体験型コンテンツ」であった。やはり、…

続きを読む

今年の10月27日から成田空港の運用時間が、従来の6時から23時までだったのが、1時間延長して夜中0時までに伸びた。深夜の運用時間拡大により、空港への交通アクセスも充実す…

続きを読む

遺構が世界遺産に登録されている那覇市の首里城の火災は正殿など7棟にも及んだ。私も数回訪ねており、衝撃と落胆に包まれている沖縄県民と同じ気持ちである。 歴史文化や観光とし…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube