【食と観光 訪日客4000万人時代の和食 18】日本料理はハレの日の料理 おもてなしは日本の心 伊藤朝子

  • 2018年5月15日

 日本には春夏秋冬と四季があります。季節が移り変わるということは、ともすればマンネリになりがちな私たちの生活に潤いや感動や刺激を与えてくれます。

 日本料理は、その四季のある日本の風土と日本人の美意識から生まれたハレの日の料理です。素材本来の味を生かし、「走り」「旬」「名残」が献立の中に組み込まれます。「走り」はいち早く市場に並んだ初物のこと、「旬」はまさに今が一番おいしい食材のこと、「名残」はもう来年まで食べられない、名残おしい気持ちで食するものです。

 また、日本料理は目で食べるとも申します。器にも季節によって質感の違う器を組み合わせて、夏涼しく、冬暖かくと、心配りされています。これは、日本人ならではのおもてなしの感性の表れではないでしょうか。

 そして、このような繊細な料理を2本の箸で食します。日本人はお箸の国の人、生まれてお食い初めの祝いから一生お箸のお世話になります。お箸の扱いは、今では外国人ビジネスマンにはステータスになっているようです。

 日本料理はお椀とお造りがメインディッシュです。海外の方に日本独特の鰹と昆布でとったダシのお椀を三手の扱をして優雅に食べていただけたら、なんと素敵なことでしょう。ただ、自由に食べていただくだけでなく、日本の食事作法を体験し、その心を知っていただくことを楽しい会話の中に取り入れて、おもてなしすることも大切なことではないでしょうか。

 おもてなしは、礼に始まり礼に終わる日本の心です。まずあいさつ、そして清潔さと身だしなみは武士道や茶道から来ている日本の文化です。日本人ならではのきめ細やかなおもてなしが、相手に伝わるよう努めたいものです。そのためには、「準備8割、気づき2割」と申します。

 今一度、原点に立ち返り、身を引き締めておもてなししたいと思います。

(国際観光日本レストラン協会理事 銀座朝川、伊藤朝子)

関連する記事

南北首脳会談が行われるなど朝鮮半島情勢が動き、北朝鮮と米国の首脳会談が6月12日に開催が予定され、米国人3人が北朝鮮から解放された。歴史的な事柄が次々に起こり、変化してい…

続きを読む

前回に引き続き、売り上げや利益、顧客満足度アップに大きな効果が得られたベスト施策を紹介しよう。 18、館内にキャッシュポイントを増やす 館内で稼働が低いスペースを有効…

続きを読む

7年前、「スポーツ振興法」が時代との乖離(かいり)が大きくなり、「スポーツ基本法」に改正された。この法案作りに深く関わった者の一人として、特に主張した障がい者スポーツの振…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

東京スカイツリー・日台観光友好交流5周年「台湾観光フェア」