【道標 経営のヒント 302】Uber Eats狂想曲 小倉理加

  • 2021年10月14日

 最近、撮影時の食事を「Uber Eats」に頼ることが多くなった。確かに、近隣のレストランかデリバリー専門のチェーン店しか選択肢がなかったときよりも、格段にメニューが増える。スイーツだけの取り寄せもできるため、以前、ある著名人の撮影時には、ご本人が差し入れとして有名店のスイーツをUberでデリバリーしてくれたことがあった。注文してからは、どれぐらいで届くかをリアルタイムで追跡できるのも便利だ。

 一方、トラブルが起こったときには非常に面倒なことになる。先日、ついにそれが起こった。ある撮影で深夜まで長引きそうなことが分かり、ディナーを取ろうということになった。そこで、タイ料理レストランへUberでオーダー。アプリ上では経過も順調で、しばらく待つとスタジオに到着のアナウンスが出て、受付のスタッフが届けてくれた。ところが、7点頼んだはずのメニューが3点しか入っていなかった。すぐに、ドライバーへの連絡という機能へアクセス(Uberを通してになる)してみたが、全くつながる気配なし。よく見ると、届いたメニューは足りないだけではなく、こちらがオーダーしたものと全く違うものだった。しかも、注文した品物が届いていないにもかかわらず、「注文の品はいかがでしたでしょうか?」というお決まりのメッセージが送られてくる。

 しびれを切らしたスタイリストさんが、お店の電話番号を調べて直接電話をしてくれた。ところが、店側は「私たちは間違えていません」の一点張り。考えられるのは、ドライバーが二つの注文の受け渡し先を間違えたか、お店が注文を間違えたか。結局、オーダーはネットで調べてキャンセルできることが分かったので、即キャンセルをして、再オーダー。0時ごろ、深夜ディナーを囲むことはかなった。

 ディナーの間中、いずれにしても3点しか注文していない人のところに7点届いたはずだが、その人はどうしたのだろうか?ということで盛り上がった。きっと、食べてしまったのだろうということになったが、なんとも苦い気分が漂った。人間対人間ではなく、間にオンラインが介在する際の不便さや、お金を返せばトラブルではないというシステム、顔が見えないための責任転嫁。原因を尋ねるメッセージにも一切返信がなく、間違えた品物はうやむや。やりどころのない気持ちに包まれ、後味が悪いディナーだった。当然、まだ利用していない人たちは「検討していたけど、今晩のやりとりを見て、やる気が一気にうせた」と口をそろえた。

 利便性を求めた先の不都合な出来事。急速にオンライン化が進む中で、もっと改善してほしい分野だとつくづく感じた一夜だった。

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram