【逆境をチャンスにー旅館の再生プラン 630】平凡な施設の集客法3 青木康弘

  • 2022年9月27日

青木氏

 前回に引き続き、平凡な施設をいかに魅力的な施設に変えていくかについて説明したい。コンセプトを明確化して差別化を図るというのが良いとされているが、個性のはっきりした施設は少数だ。多くの経営者は、自社の施設は平凡で特色なく集客しにくいと悩んでいる。

 自施設の特色をアピールしにくいならば、周辺の観光施設や自然資源を活用して差別化を図ると良い。改装していない旅館・ホテルの和室はウェブ上の写真で見ると似たり寄ったりで、特に旅慣れない消費者は区別することができない。

 そのため、1件でも予約を増やすために、リスティング広告の出稿や、より見栄えの良い写真をプロカメラマンに依頼するための予算競争になりがちだ。地域のどの施設も一定以上の予算をかけているならば、効果は限定的だろう。他の手段も組み合わせるのが賢明だ。

 周辺の観光施設とのタイアップを集客に結びつけるならば、他の宿泊施設では提供していない限定プランの販売を行うと良いだろう。バックヤード(裏側)ツアーや特別な特典、貸し切り等のオプションをつけたVIPツアー、仕事体験ツアーなどユニークでインパクトがあり、他の施設が提供していないものが良い。大型の観光施設だと特定の宿泊施設と独自プランの企画はやらない可能性があるので、小規模で相性の良いオーナー経営者のいる施設を対象とすることをお勧めする。

 自然資源が豊かな地域であれば、星空ツアーや夜の街歩きツアー、写真スポットの案内などを宿泊プランに組み込むと良い。少人数の催行でも構わない。ユニークなアクティビティを独自に行っている施設というイメージができるだけで宿泊者数のアップにつながる。

 人手がいないため対応できないと考えるのはもったいない。集客につながれば新規採用しても問題ないだけの利益を上げることができる。

 設備投資の調達が難しければ、まずは周辺の観光施設や自然資源を活用して売り上げアップに取り組みたい。

 (アルファコンサルティング代表取締役)

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram