【逆境をチャンスにー旅館の再生プラン 628】平凡な施設の集客法1 青木康弘

  • 2022年9月18日

青木氏

 コロナが収束に向かいインバウンドの復活も見込まれる中で、以前のように集客できるだろうかと不安の声をよく聞く。営業マーケティング活動を行う中で課題となるのが、施設の魅力をどのように伝えるかということである。

 教科書的には、コンセプトを明確化して差別化を図るというのが良いとされているが、個性のはっきりした施設は少数だ。多くの経営者は、自社の施設は平凡で特色なく集客しにくいと悩んでいる。今回コラムでは、平凡な施設をいかに魅力的な施設に変えていくかについて説明したい。

 施設の魅力を高めるにあたって、初めに取り組むべきことは、誰のための施設かを明確化することだ。口コミ評価の分析を行うとよく見られる傾向であるが、同じ施設でも年齢層によって評価点は大きく異なる。

 若いカップルやファミリーから絶大な評価を得ている施設でも、旅慣れた客や年配層からは厳しい評価が続くことがある。同一のサービスでも、客層によって満足度は大きく異なる。万人に支持される施設となって、あらゆる客層から売り上げを獲得したいという願望はあきらめた方が良い。

 一見すると当たり前のことであるが、施設のリニューアルを計画する場面で認識不足が露見される。

 内装のレイアウトやデザイン、客室備品、料理メニュー、売店商品を経営者自身の好みだけで選んだり、ワーケーション用のブースなどをはやりだけで設置したり、誰向けの施設にするか曖昧なまま進んでしまうことがある。このような中途半端な取り組みで魅力的な施設を作ることはできない。

 客室数が多く、単一のターゲットを狙うだけでは安定した稼働を行うことが難しい大型施設は、棟またはフロアごとに客層を分けると良い。ただし、複数の客層を同時に受け入れていく運営のやり方は、人手や経費がかかり非効率となりやすい。老朽化した棟から段階的に取り壊しを行って、客層を絞っていくことをお勧めする。

 (アルファコンサルティング代表取締役)

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram