【逆境をチャンスにー旅館の再生プラン 530】アフターコロナ時代に取り組むべき施策13 アルファコンサルティング代表取締役 青木康弘

  • 2020年8月15日

 前回に引き続き、アフターコロナ時代に取り組むべき施策について紹介しよう。新型コロナウイルスの感染抑制を目的とした強烈な自粛要請や衛生指導は、消費者の生活様式や価値観、嗜好を大きく変えてしまった。従前のコンセプトや運営方針、商品サービス、ハード設備では宿泊者の満足が得られない可能性がある。早めに対策を講じて良いスタートを切りたい。

 17、銀行からの厳しい選別に負けない施設になる

 本年7月ごろから追加融資を受けられず資金繰りに窮する旅館・ホテルが散見されるようになった。3月以降に拡充された新型コロナ対応の緊急融資制度により、1回目は無審査に近い形で資金調達することができたものの、2回目の融資を渋られていることが理由だ。銀行に貸し倒れリスクがない制度融資といえども、返済見通しが立たない会社に対する融資に消極的になってきている。

 融資申し込みしたものの、担当者の反応が鈍い場合は「他社と提携して競争力をつけた方が良いのではないか」といったコメントを受けていないか思い出してみてほしい。このような発言は、ほぼM&Aの打診をされたと考えてよい。追加融資は難しいので身売りした方が良いと銀行が考えているということだ。曖昧な回答をすると身売りするよう誘導されるので固辞したい。

 また、最近の経営行動について苦言を呈されていないか確認しよう。

 例えば、新型コロナ対応融資を役員貸付金の返済に充てていないだろうか。資金繰りが厳しいと銀行に説明していながら、自家用車や調度品など緊急性の低い資産などを購入していないだろうか。特に、新型コロナ流行前からリスケ(返済条件の緩和)している施設は、厳しい目を向けられるのでやめた方がよい。

 銀行からの厳しい選別はもう始まっている。事業計画やアクションプランの立案、経営改善につながる補助金申請などを行い銀行が積極的にサポートしたいと考える会社を目指したい。

 (アルファコンサルティング代表取締役)

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram