【逆境をチャンスにー旅館の再生プラン 482】旅・ホの人手不足解消法6 アルファコンサルティング代表取締役 青木康弘

  • 2019年8月5日

 前回に引き続き、旅館・ホテルの人手不足解消法について紹介しよう。新規有効求人倍率が常に5倍を超えている現在の状況下でも、人材確保に成功している会社は少なからずある。今までのやり方にとらわれずに取り組んでみよう。

 12、競争が激しいセグメントを避ける

 人手不足に陥らないためには、同一エリアで他の旅館・ホテルと似た客層を取り合わないよう注意したい。競争の激しいセグメントで他館からお客さまを奪おうとすると、安い宿泊料金で過剰なサービス、豪華な料理を提供するという戦術を取りがちだ。

 多くの人件費、食材費をかけている割に利益を残すことができないために、リノベーション資金を蓄積できず、建物・設備の老朽化が進みやすくなる。ハードの欠点を補うために、さらに過剰なサービス、豪華な料理を提供して集客するという悪循環につながりやすい。

 薄利多売を続けているとスタッフの待遇改善を行うことができずに離職率が高まり、ますます人手不足に陥ることになる。人手不足を解消する目的でも、他館との直接競争は避けるようにしたい。

 13、人員配置にメリハリをつける

 館内全ての部署でスタッフを充足させようとすると、慢性的な人手不足に悩まされることになる。日々の運営や館全体の収益に影響が出にくい部分は思い切って省人化してみよう。

 例えば、高級路線の小規模旅館で省人化しやすいのはフロントスタッフである。チェックイン・チェックアウトの時間帯のみ人員を手厚く配置し、それ以外の時間帯は売店、ラウンジスタッフと兼任で1人体制にすることを検討してみよう。

 現状の業務量に合わせて必要スタッフ数を決めるのではなく、ワンオペできるように館内のレイアウトや業務手順を根本的に見直すと良いだろう。

 例えば、売店の商品数の絞り込みやキャッシャーの共通化、売店の営業時間の集中化、ラウンジで提供するドリンク類のセルフ無償化などを検討したい。代わりに、夕朝食やアクティビティ、お出迎え、お見送りにスタッフを重点投入して、気持ちと時間に余裕を持ったサービスを行える体制を構築すると良いだろう。

 (アルファコンサルティング代表取締役)

関連する記事

すき焼きで有名な博多の老舗「中洲ちんや」が、先月惜しまれつつ71年の歴史に幕を閉じた。二代目経営者で女将の古賀人美さんが生まれた年に精肉店として開業、その後飲食店も併設し…

続きを読む

2019年8月から楽天トラベルにおいて、料金体系と基本規約が改訂になるが、その中で最低・同一料金保証の条項が消える。施設にとってはどのチャネルでどういう販売戦略をとるのか…

続きを読む

前回までの「観光と福祉」というテーマから一転して、今回からはしばらく、「宿泊関連研究部会」(以下、「JAFIT宿泊部会」という)のメンバーでリレーさせていただく。 筆者…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube