【訪日ラボの目線 インバウンド市場を読み解く 1】中国で9000億円の金を動かす「網紅(ワンホン)・KOL」の存在

  • 2018年9月11日

 東京五輪の開催が迫り、いよいよインバウンドビジネス(外国人観光客向けのビジネス)が盛り上がりを見せている。特に、地方にとってはその取り込みは死活問題だ。インバウンドで観光客数・消費額ともに圧倒的なシェアを持つ中国市場。一時の「爆買い」ブームのときより沈静化したものの、やはり訪日中国人の消費は小売店から地方自治体まで、日本全国が狙っているものとなっている。

 しかしながら、中国では特殊なネット事情、すなわち政府による検閲などがあり、彼らに情報を発信したくてもままならないケースがある。それを打開しうるのが、中国でのインフルエンサーの存在だ。

 インフルエンサーとはSNSなどネット上の人気者を意味する。特に中国では絶大な影響力があり、彼女ら(女性が多い)が影響を与える経済規模は9千億円以上ともいわれる。中国ではインフルエンサーを「KOL(Key Opinion Leader=キーオピニオンリーダー)」と呼ぶケースが多い。その中でも動画インフルエンサーを「網紅(ワンホン)」と呼ぶ。「ネットの人気者」を意味する中国語だ。

 彼女らを起用し、日本の観光地や商品のプロモーションをするメリットは大きく三つある。一つは、冒頭で触れた中国ならではの障壁の突破だ。二つめが、彼女らを支持する大量のフォロワーに効率良く認知を広められること。最後に、徹底的な消費者目線だ。彼女らは、自身の人気の維持のためにフォロワーの「ツボ」を熟知している。それを押さえた言葉に変換して情報を発信してくれることで、より効果的なプロモーションができるというわけだ。

 特に、現状インバウンドの取り込みに苦戦している地方などは、プロダクト・アウト的な情報発信をしがちだ。そこで、彼女らを活用することでマーケット・インな情報展開が実現できる。インバウンドの目線が地方に向きつつある今だからこそ、活用を検討してみてはいかがだろうか。

関連する記事

名城と名園に城下町の面影宿る 瀬戸内海に臨む高松は、かつて松平氏12万石の城下町。瀬戸大橋開通までは連絡船が通う四国の玄関口としてにぎわった。 3層の天守閣と17の櫓を…

続きを読む

前回に引き続き、M&Aを実施するに当たり失敗しないためのポイントを紹介しよう。事業拡大、発展のチャンスとなる成功事例もあるが、中には本業の業績悪化につながった失敗事例も出…

続きを読む

改めて申し上げるが、「磨け!独自価値」の言葉は、弊社が発行する「旅館の経営指針」において、昨年掲げたテーマフレーズである。 ところで、その前年の「経営指針」で掲げたテ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube