【観国之光 354】カーボンニュートラル 観光業界にも動が 本社論説委員 内井高弘

  • 2021年11月15日

脱炭素宿泊プランを導入する下呂温泉。どんな成果が出るのか注目される

 昨年10月、菅義偉首相(当時)は「2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする。すなわち、2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指す」と宣言した。

 これを機に、カーボンニュートラルという言葉が注目され、企業や自治体が実現に向け取り組む姿勢を示している。ESG(環境・社会・企業統治)を考慮して投資を行う「ESG投資」が世界中で拡大しており、環境への配慮は、特に企業にとって取り組むべき重要課題といえる。

 排出を全体でゼロ、というのは二酸化炭素(CO2)をはじめとする温室効果ガスの排出量から、植林、森林管理などによる吸収量を差し引いて、合計を実質的にゼロにすることを意味する。

ペイウォール会員向け記事です。

 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら