【観国之光 351】「衆院選」 観光を盛り上げる党は 本社論説委員 内井高弘

  • 2021年10月26日

新政権には観光業復活に向けた大胆な政策を期待したい(写真と本文は関係ありません)

 19日、第49回衆院選が公示され、31日の投開票に向け、選挙戦がスタートした。衆院選は2017年10月以来、4年ぶりとなる。1051人が立候補をした。小選挙区289、比例代表区176の計465議席を巡って争う。新型コロナウイルス対策やその先の経済再生策などが大きな争点となりそうだ。

 観光専門紙としては、コロナ禍で疲弊した観光業をどう立て直すのか、歩みが止まった観光立国の動きをどう再開するのか、各党の取り組みを注視したい(スペースの都合上、自民、公明、立憲民主を取り上げた)。

 自民党は政策パンフレットの中で、「地域経済を支える観光業の本格的な再生を目指し、感染状況等を踏まえた観光需要喚起(地域観光事業支援の継続、Go Toトラベルの早期再開等)を推進する」と明記。

 また、政策バンクでは「観光」の項目を設け、(1)本格的な復興を目指し、宿泊施設の改修や地域独自の看板商品の創出等による観光地の再生などを推進する(2)インバウンドの回復に備え、公的施設やインフラの開放、国立公園や文化財の観光活用などに取り組む(3)IR整備法に基づき、日本に何度も来ていただける安心で魅力的なIRを創り上げる―などを盛り込んでいる。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら