【観光業界人インタビュー】日本ハウスホールディングス 成田和幸社長

  • 2018年12月1日

成田社長

リゾート事業への取り組み

関東中心に合計10軒 売上100億円を目指す

 「ホテル森の風鶯宿」など関東、東北を中心に5軒の旅館・ホテルを展開する日本ハウスホールディングス(HD)グループ。グループCEOで日本ハウスホールディングス社長の成田和幸氏に今後のリゾート事業への取り組みを聞いた。

 ――グループ全体の事業は。

 「メインは注文住宅の建築、販売。最高級素材のヒノキにこだわった家造りをしている。売り上げの9割が住宅で、残りの1割がホテル事業だ。グループ会社の日本ハウス・ホテル&リゾートで展開している。観光は成長産業だ。今後は今の9対1から8対2ぐらいまでにホテル事業を伸ばしたい」

 ――日本ハウス・ホテル&リゾートは今年6月、ホテル東日本から現在の社名に変更した。

 「老朽化した二つのホテルを売却したのを機に社名変更した。スクラップ&ビルドで、ホテル事業を新たに構築しようとの思いからだ」

 ――現在所有する旅館・ホテルは。

 「ホテル森の風鶯宿(岩手県)、ホテル森の風立山(富山県)、ホテル東日本宇都宮(栃木県)、そしてこの10月11日にオープンしたホテル森の風那須(栃木県)とホテル四季の館那須(同)の5軒だ。鶯宿は温泉もさることながら、併設する英国式ガーデンが素晴らしい。立山は人気のアルペンルートにあり、山の景色が最高。宇都宮はフランス料理が評判だ」

 ――新たにオープンした那須の2軒は。

 「1万5千坪の敷地内に展開する。ホテル四季の館那須は武家屋敷をイメージした和の造りで、4寸、5寸のヒノキ材を柱に使っている。30の全ての客室に温泉掛け流しの露天または半露天風呂を備えている。料理は宇都宮のホテルで評判の本格フランス料理を提供する。料理も含めて非日常的な空間になっている」

 「ホテル森の風那須は、主にファミリー層をターゲットにしている。客室は90室。最上階の温泉は那須連山と田園の見事な景色を一望する。料理は創作イタリアン、創作和食を提供する」

 「一帯は『那須みやびの里』と命名し、2軒の宿泊施設のほかに、25種類、500本の桜を植えた。これらを含めた庭の造成は、鶯宿のガーデンもデザインした世界的ランドスケープアーティストの石原和幸さんにお願いした。那須の土地は2万5千坪を取得しており、残りの土地は別荘やコンドミニアム、観光果樹園など、さまざまな利用を考えている」

 ――ホテル会員権事業を今年8月に始めた。どのような事業か。

 「名称は『みやび倶楽部(クラブ)』。お客さまから入会金と預託金をいただき、グループの全施設で使える優待利用券を発行する会員制のクラブだ。ホテルの宿泊代や飲食代が原則2割引になる。不動産が付かない会員権のため、リーズナブルな価格で販売している」

 「これからは高齢社会になる。定年を迎えた人が、ちょっと温泉でも行きたい、というときに気軽に行けるのがコンセプトだ。個人やファミリーのほか、企業にも社員の福利厚生として利用していただきたい。われわれの視点から見れば、平日の稼働率を高められるメリットがある」

 ――会員権の販売目標は。

 「10年以内で3千口を目指す」

 ――今後のホテル展開は。

 「関東を中心に、あと5軒、合計10軒の展開を目指す。既に箱根(神奈川県)の芦ノ湖で2020年夏の予定で開業が決まっている。名称は『ホテル四季の館 箱根芦ノ湖』。客室29室で、全室源泉掛け流しの露天風呂付きスイートだ。眼下に湖を望む景色が素晴らしい」

 「このほか熱海、富士山麓、軽井沢、千葉などで新規の建設を考えている。全て30室前後の、ヒノキを使った木造和風建築だ。当社は建築会社なので、ほかのホテルを買収することは考えていない。従業員教育に時間がかかるので、2年に1軒ぐらいのペースで開業できればいい。ホテル事業の売り上げは現在約55億円。10軒で100億円ぐらいに伸ばしたい」

なりた・かずゆき=昭和51年東日本ハウス入社。平成2年函館支店長、平成5年取締役、常務を経て平成14年から社長。日本ハウスHDグループCEOを兼務。北海道産業短期大学(現道都大学)建築学科卒、北海道出身65歳。

【聞き手=森田淳】

関連する記事

谷川岳と掛け流しの湯 第980回よその旅館ホテル ――源泉掛け流しの温泉が評判ですね。 「3本の自家源泉から直接引いた掛け流しの湯です。温度の異なる3本の源泉の湯量を調…

続きを読む

和の文化「部屋食」を維持 第979回よその旅館ホテル ――宿の売りを教えてください。 「和風旅館ですので、一つには和食会席です。食事の提供は、昔からの部屋出しを続けてい…

続きを読む

マーケティング統括配置観光客多い隣県とも連携 ――日本版DMO登録の背景は。 「山口県は、広島県と福岡県の大きな都市に挟まれており、また、人口減少も進んでいる。しかし…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube