【“税”肉を落とす 賢い節税セミナー 12】平成30年税制大綱 髙村健一

  • 2018年1月12日

 ちょうど、12月14日に平成30年の税制改正大綱が発表された。以前にも、この改正について触れたが、一度、皆さんに関係しそうな部分をピックアップして整理したいと思う。

 「個人課税(所得税)を強化」といっていい今回の改正、まずは給与所得控除額に大きな改正が入った。そもそも、給与所得控除や後述する公的年金等控除が何たるかは紙面の都合上今回は割愛するが、今まで、年収1千万円超の給与所得控除額は220万円で頭打ちとなっていたが、今回の改正で、850万円超のそれが195万円と25万円引き下げられた。年収850万円超が高額の収入者かという議論もあったが、筆者には取れるところから、税金を取るという姿勢に変わりはないと思ってしまった。

 次に、公的年金等控除にも改正が入った。こちらは、控除額の計算が複雑なので、ポイントだけだが、高額の年金をもらっていたり、年金以外の収入が一定額以上あると、公的年金等控除が減らされるという内容になっている。これら所得税の改正については平成32年分から適用される。

 一方、法人税はどうかというと、全体的に減税の方向である。前回取り上げた、事業承継に関するものや、設備投資や賃上げを促した減税策となっている。

 もちろん、諸外国に比べ、わが国の法人税は高いとされているので、諸外国並みに減税し、企業誘致という観点からは歓迎すべきことだが、所得税とのバランスが少し悪いようである。

 それから、今回の改正点で興味深い税の創設があった。それは、国際観光旅客税(仮称)である。内容は、本邦から出国する観光旅客等はその出国の際に千円税金がかかるというものである。こちらは、平成31年1月7日以後の出国について適用する予定である。

(髙村税理士事務所代表、髙村健一)

関連する記事

いよいよ、韓国で平昌オリンピック・パラリンピックが始まる。ますます危険度を増す北朝鮮情勢と韓国内の慰安婦を巡る議論の行方が心配だが、ここはオリンピックの原点に戻り、北朝鮮…

続きを読む

大好きな街の一つ、ラスベガス。そこで必ず訪れる「ザ・パーム」に行って来た。このレストランのウリは、米国農務省お墨付きのプライム・ビーフを最低でも35日以上熟成させたステー…

続きを読む

日本が氷点下に近づく中、クリスマスイブの夜、成田発で地中海のマルタ島に出かけた。イタリアが蹴ったボールのシチリア島の先に飛び跳ねた滴のような小さな島国である。日本の1市町…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?