【“税”肉を落とす 賢い節税セミナー 12】平成30年税制大綱 髙村健一

  • 2018年1月12日

 ちょうど、12月14日に平成30年の税制改正大綱が発表された。以前にも、この改正について触れたが、一度、皆さんに関係しそうな部分をピックアップして整理したいと思う。

 「個人課税(所得税)を強化」といっていい今回の改正、まずは給与所得控除額に大きな改正が入った。そもそも、給与所得控除や後述する公的年金等控除が何たるかは紙面の都合上今回は割愛するが、今まで、年収1千万円超の給与所得控除額は220万円で頭打ちとなっていたが、今回の改正で、850万円超のそれが195万円と25万円引き下げられた。年収850万円超が高額の収入者かという議論もあったが、筆者には取れるところから、税金を取るという姿勢に変わりはないと思ってしまった。

 次に、公的年金等控除にも改正が入った。こちらは、控除額の計算が複雑なので、ポイントだけだが、高額の年金をもらっていたり、年金以外の収入が一定額以上あると、公的年金等控除が減らされるという内容になっている。これら所得税の改正については平成32年分から適用される。

 一方、法人税はどうかというと、全体的に減税の方向である。前回取り上げた、事業承継に関するものや、設備投資や賃上げを促した減税策となっている。

 もちろん、諸外国に比べ、わが国の法人税は高いとされているので、諸外国並みに減税し、企業誘致という観点からは歓迎すべきことだが、所得税とのバランスが少し悪いようである。

 それから、今回の改正点で興味深い税の創設があった。それは、国際観光旅客税(仮称)である。内容は、本邦から出国する観光旅客等はその出国の際に千円税金がかかるというものである。こちらは、平成31年1月7日以後の出国について適用する予定である。

(髙村税理士事務所代表、髙村健一)

関連する記事

これまで、短・中距離の高速バス路線においては、「ウェブや電話であらかじめ予約→発券(運賃の支払い)は当日、乗車直前に」という使い方が一般的であった。発券(支払い)していな…

続きを読む

前号では山の日から始まる夏のピーク日の需要動向について述べたが、今号ではそれ以外の夏に関わる施策について考えてみたいと思う。 8月11~18日の夏の代表的な部分について…

続きを読む

4月29日、筆者は長野県伊那谷の長谷中尾地区にある中尾座で催された「中尾歌舞伎春季定期公演」を楽しんだ。250年前に旅芸人により伝えられたという歌舞伎は、地元の住民が習い…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

長澤まさみさん「Meet Colors! Taiwan」CM発表会