【私の視点 観光羅針盤 141】イタリアの小さな村の観光地域づくり 清水慎一

  • 2018年4月16日

 3月下旬、昨年に引き続きイタリアアペニー山脈の山あいにあるポルティコ・ディ・ロマーニャ村に行ってきた。村の概要は、昨年の6月17日付本欄で紹介したので省くが、人口わずか350人。しかし、世界33カ国から7万人近い観光客が訪れる元気な村だ。
 今回は、筆者が塾長をしている「信州・観光地域づくりマネジメント塾」のメンバーが一緒だった。長野県大鹿村、木曽町など小さな町村の未来を担う志高い若手8人。同じような条件の村がいかに元気になったのか、という問題意識を持った塾生ばかりだ。

 わずか2泊3日の滞在だったが、結婚して故郷に戻り、30数年間観光地域づくりに取り組んできたホテル・レストラン経営者、マリーザ・ラッジとその家族がずっと一緒に過ごしてくれた。そのおかげで、じっくりと小さな村の取り組みを勉強できた。

 村の暮らしの体験を通して、日ごろ観光地域づくりに苦闘するメンバーは大きな自信を得たようだ。35年前までは観光業など全くなかった村が、観光により豊かな地域づくりに目覚め、取り組んだ実績が、彼らの活動に指針を与えてくれたからだ。

 例えば、マリーザは住民を巻き込むために秋の収穫祭やキリスト生誕祭など、地域に根差したイベントを発案し、自ら取り組んだという。その結果、住民がメイン通りの飾りつけなどに協力してくれるようになり、今では、町内会など地域ぐるみの活動になった。

 また、北欧などの質の高い滞在客を獲得しようと、早くから世界への発信に取り組んだという。そのために、外国人のためのイタリア語教室とパスタづくりなど村の暮らし体験をセットにした滞在プランを自ら考えた。この時もスイス人グループが2週間滞在していた。しかし、このような住民の活動に対して行政の支援は全くないという。そういえば昨年面談した村長は「観光予算が十数万円程度しかなく、村人の活動に頼っている」と語っていた。州政府も観光地ではない村には全く支援してくれない。

 マリーザは「すべて自分たちだけで実践してきた。当然リスクも負ってきた。だから、小さなプロジェクトの積み重ねでここまで来た」と、しみじみ語っていた。結婚を機に隣村に来た日本人女性は「マリーザの笑顔がここまで村をけん引したのよ」とささやいてくれた。

 翻って、わが国の観光地域づくりやその司令塔であるDMOを巡っては、「稼ぐ」とか「観光地経営」など大上段に振りかぶる風潮が蔓延している。しかし、観光地域づくりとは住民が来訪者とともに楽しむ小さな活動、スモールビジネスの積み重ねだと、イタリアの小さな村は教えている。

(大正大学地域構想研究所教授)

関連する記事

前回に引き続き、売り上げや利益、顧客満足度アップに大きな効果が得られたベスト施策を紹介しよう。 7、売店でタイムセールを実施する 売店は団体客が来ないと売り上げが期待…

続きを読む

日本は世界中の人々を、自信を持って迎え入れられる幸せな国である。 南は沖縄から北は北海道まで、細く長く伸びた地形に800メートル~3千メートル級の山々が連なり、その谷あ…

続きを読む

(2)生産性の格差 労働生産性とは、従業者1人当たりに生み出された付加価値額である。近ごろ「働き方改革」などの議論でよく引き合いに出される統計情報として「労働生産性の国…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?