【直販を増やす】デジタルマーケティングトレンド25 コレリィアンドアトラクト代表取締役 松本慶大

  • 2020年6月26日

 5月25日、緊急事態宣言が解除されたが、コロナ直撃の宿泊業界は、かつてない苦境に立たされ、厳しい状況に耐えながらも、お客さまをお迎えする準備を進めていると思う。

 世の中がコロナ禍により大きく変わった。Afterコロナでは消費者心理も大きな変化が起こっている。コロナによる自粛疲れ、ストレス発散のため、「温泉」に行きたいと思う方が多いと思う。実際にGoogleトレンドの検索で5月のゴールデンウイーク明けから、キーワード「温泉」の検索需要が増加している。

 3密を避けられる場所であり、感染症への対応はしっかりされているか? という内容が行き先の決定に大きく関与する。「Social Distance Stay」、「Social Distance Travel」など新たな旅スタイルが求められる。

 ◆消費者の心配事

 ▽宿泊施設の感染症対策は。

 ▽体温検査はしているか。

 ▽宿泊施設のスタッフにコロナ感染歴はないか。

 ▽宿泊施設内でのソーシャルディスタンス対策は。

 ▽部屋の清掃(消毒)は。

 ▽もし、滞在中に体調が悪くなった場合の対応は。

 Withコロナ、Afterコロナの時代においては、宿泊施設の取り組み(対応)をウェブサイトやSNSでしっかり明示しないと消費者に選ばれなくなる可能性もある。

 宿泊施設の感染症対応のほか、お客さまへのお願い、従業員へのお願いなど、状況を鑑みながら検討が必要かと思う。

    ◇   ◇

 日頃、大変お世話になっている宿泊施設の皆さまに向け、ウェブサイトやSNS投稿時に使える新型コロナウイルス対策ロゴをデザインし、無料配布することにしました。感染症対応バージョン、お客さま向けインフォメーションバージョンの計19デザイン。必要な方はinfo@collely-at.comまでご連絡ください。

 弊社ができることは微力ですが、少しでも皆さまのお役に立つことができたら幸甚です。

 (コレリィアンドアトラクト代表取締役)

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram