【直販を増やす】デジタルマーケティングトレンド15 コレリィアンドアトラクト代表取締役 松本慶大

  • 2019年6月26日

 【グーグル(Google)がもたらす「旅行予約」の今後(1)】

 グーグルで、宿泊施設を検索すると、検索結果画面の右側にGoogleマイビジネスの情報が表示される。このマイビジネスの情報枠の中に、宿泊プラン、客室レートが表示されている箇所、「Google Hotel Ads」という、グーグルが提供する検索連動型のホテル広告商品で、宿泊施設の料金、空き状況を検索ユーザーに表示させるサービスがある。

 日本国内において、ここに客室レートを表示させ、グーグルから直接、予約導線につなげているのは、OTAか、メタサーチサイトのみだったが、このほど、日本国内の自社予約システムを提供する2社がグーグルとのパートナーを結び、「Google Hotel Ads」に公式サイトプラン(公式サイトレート)が表示されるようになった。

 ▽2019年3月=ダイナテック株式会社の「ダイレクトイン」(D―RISE)※参照
https://www.dyn.co.jp/img/PR20190302.pdf

 ▽19年5月=メトロエンジン株式会社の「メトロブッキング」※参照https://metro-booking-secure.jp/index/index.html
 日本国内の自社予約エンジンではこの2社と契約している宿泊施設は、グーグルの検索結果上で、公式サイト料金、OTA料金、メタサーチ料金が一度に比較表示されるようになり、宿泊施設は、自社予約を増やすためには、この「Google Hotel Ads」からのリードが大変重要になる。

 基本的な対策としては、以前から紹介しているように、

 ・Googleマイビジネスの施設情報の管理

 ・Googleマイビジネスに寄せられた「クチコミ」「FAQ」への公式の対応

(※参照https://collely-at.com/jp/2019/01/11/googlelocalseo/

 ・「Google Hotel Ads」への公式サイトプランの表示(19年5月24日現在=ダイレクトイン、メトロブッキングの予約エンジンの活用)

 ・「Google Hotel Ads」で表示される公式サイトプランの「価格競争力」=公式サイトベストレート保証、公式サイト最低価格保証など

 以上の取り組みが、宿泊施設の集客施策、特に自社サイト予約を増やす、自社サイト予約の比率を上げるためには欠かせない内容となる。

(コレリィアンドアトラクト代表取締役)

関連する記事

すき焼きで有名な博多の老舗「中洲ちんや」が、先月惜しまれつつ71年の歴史に幕を閉じた。二代目経営者で女将の古賀人美さんが生まれた年に精肉店として開業、その後飲食店も併設し…

続きを読む

2019年8月から楽天トラベルにおいて、料金体系と基本規約が改訂になるが、その中で最低・同一料金保証の条項が消える。施設にとってはどのチャネルでどういう販売戦略をとるのか…

続きを読む

前回までの「観光と福祉」というテーマから一転して、今回からはしばらく、「宿泊関連研究部会」(以下、「JAFIT宿泊部会」という)のメンバーでリレーさせていただく。 筆者…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube