【月別取扱額12月】HIS、国内旅行は43%増

  • 2021年2月26日

 エイチ・アイ・エス(HIS)の2020年12月の総取扱高(グループ6社)は、前年同月比86.7%減の54億2731万円だった。国内旅行が同42.7%増の49億1731万円、海外旅行が同98.6%減の5億341万円。訪日旅行は99.7%減の657万円となった。

 国内旅行は、Go Toトラベルキャンペーンの活用や、国内旅行をメインとした初夢フェアを展開したことなどから好調に推移した。しかし、Go Toトラベルキャンペーンの全国停止の発表後は、年末年始を含めた多くのキャンセルが発生し、新規予約が減少した。

 海外旅行は、一部の国、地域間との渡航制限の緩和が見られたものの、新型コロナウイルスの影響から、全方面で主催旅行をツアーキャンセルとしたため、大幅な減少となった。

 訪日旅行は、再び日本国内で新型コロナウイルス感染症が拡大したことに加え、海外渡航制限措置が継続したことで減少した。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram