【日本茶インストラクターが勧める 素敵なお茶生活 43】新海苔、召し上がったことありますか 繁田聡子

  • 2020年7月9日

 ある時、いつもと同じような容器に入ったいただき物の味付け海苔(のり)を食べたところ、子供心に「あんまりおいしくない。どうしてだろう」と不思議な気持ちになったことがありました。海苔に質の差があるなど考えもつかない幼い頃の残念な気持ちは、いまだに忘れることができません。子供時代の味覚は案外鋭く、記憶にも残ると実感しています。

 昆布や日本茶、トマトなどに多く含まれるグルタミン酸、かつお節や煮干し、肉などの動物性の食材に含まれるイノシン酸、干し椎茸(しいたけ)などの茸(きのこ)類に含まれるグアニル酸、これらのうま味を全て含んでいる天然の食材は、海苔以外に見当たらないとのこと。うま味成分が豊富な海苔が万人に好まれるのは当然のことなのでしょう。

 さらに、たんぱく質、ビタミン、ミネラルなども豊富に含まれているノンカロリー食材として、海外でも、和食と共に海苔の認知度はますます高くなってきています。

 また、最近注目されている葉酸も海苔には多く含まれています。「日本人は黒い紙を食べている」と奇妙に思われていた時代など、はるか昔の感です。

 さて、色がまた剥げそうだけど、大事な海苔缶をきれいに拭きましょうか。

   ◇    ◇

 海苔の話題が出たところで、話を続けます。

 野菜も果物1年中出回り、個々の旬が曖昧になってきている昨今ですが、特に新海苔の採れる時期は、あまり認知されていないように感じています。

 その年の気候によって多少のずれはありますが、11月下旬、最初に採れる新海苔を「秋芽」と呼びます。「秋芽」の若い、柔らかい風味は格別で、とろけるようなうまさと新鮮な磯の香りがします。ただし、収穫量はそれほど多くはないので、「採れたてを、すぐに焼いてお渡しします」と、小回りの利く販売ができるのも、小規模な店ならではの強みでしょうか。手に入る範囲で最高の品質を求めますので、弊店では予約限定数量のみのご用意です。

 また、収穫時の有明海の状況次第で満足できる海苔がご提供できないと判断した場合は中止もあり得ます。15年ほど前に新海苔の予約を始めてからは、台風の影響や海水の温度など、海の状況に気をもむようになり、秋が近づくと、気象予報士にでもなったような気分です。春の新茶摘採時期の心境も同じようなものですが。

 「今年もお願いね。楽しみにしているわ」と、ご予約案内を出す前に声を掛けて下さるお客さま方に感謝しつつ、「今年も、おいしい海苔がご用意できますように」と、祈るような気持ちです。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram