【提言】“新”日本観光の展開 日本観光の再活性化をめざして(下) 全国産業観光推進協議会 会長 須田 寛

  • 2020年6月9日

 2、観光基盤(観光インフラ)の拡充等

 上記(前述)の考え方にたって、「“新”日本観光」を展開するにあたっては以下の通り、観光基盤―観光インフラの拡充強化等がその前提となる。

 【交通インフラの整備】

 2、3次交通(高速交通機関と観光地間、観光地相互間)の整備拡充、ネットワーク強化が必要。とくに、供給余力に比して需要の少ない整備新幹線の末端区間の活用、高速道路、とくに地方観光道路の活用促進、地方空港(チャーター便の着発)の活用促進、およびそれら高速交通機関間の有機的接続、観光客目線に立ったMaaSシステムの構築等

 【宿泊インフラ整備】

 ホテルから民泊に至るまでの施設整備と宿泊業の新秩序確立による円滑な受入態勢確立、とくに古い商慣習是正と経営近代化(泊食分離、ルームチャージ制への転換、大部屋の分割個室化など)

 【その他】

 観光地の物販業等、中小企業のウエートの高い業種にあって企業規模の見直し等による経営近代化に向けた努力が必要。なお、中小企業については、企業努力と合わせ、人材(後継者等)育成と公的支援の充実強化。

 【情報システム整備】

 観光情報の整備発信、集中観光情報システム整備が「“新”日本観光」の基盤となる。検索、予約、決済(発券)までの一貫した総合観光システムの整備やSNSによる情報発信の活用が期待される。

 「“新”日本観光」の展開は上記の着眼点を持ち、広く観光するこころ(もてなしのこころ)をもって、官民共に幅広い国民運動(観光キャンペーンを動機とする)として展開、推進する必要がある。現下の困難を乗り越え、1日も早い日本観光の再活性化を目指して、各地の観光力を結集してあたる等の観光の基盤づくりに努めるべき時と考える。

 

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram