【岐路 バスと観光 新たな関係74】高速バスと観光12 成定竜一

  • 2018年1月3日

 停留所の設定だけではない。

 現在の高速バスは「地方から都市への足」として使う地元リピーターに配慮するあまり、バスの外観、内装ともに過剰な装飾は好まれない。

 しかし、たまに出張で乗った特急電車が展望席付きの車両だったりすると、それだけでなぜかワクワクして「次は出張ではなく旅行で乗ってみたい」などと感じる。待ちに待った休暇を迎えての旅行で乗車するなら、もっと気分が高まることだろう。

 残念ながら、現在の高速バスにそのような車両はほとんど投入されていない。

 例えば、ある高速バス路線では、目的地側の自治体が制作した観光案内のDVDを、発車後に車内で放映している。自治体や観光協会が制作した観光マップを配布するただそれだけでも、旅の気分は高まるものである。特段の手間やコストをかけずとも、少なくとも今よりは「旅の気分を演出」することができるのである。

 繰り返すが、これらの施策を全便で実行する必要はない。おおむね、大都市側を午前に、地方側を夕方に出発する、観光客の比率が比較的大きい便でのみ実施すればいい。まずは、既に観光客の利用が比較的多い路線で試行的に実施し、好評なら他の路線へ展開するという方法もある。

 余談だが、仮に車内で観光案内のDVDを放映しようとした場合、DVD再生装置を搭載すること自体は簡単である。

 一方、乗務員が操作する案内装置は、運転席の横のボタン一つで、音声合成による自動案内放送からモニター画面に表示する「次の停留所」表示まで完璧に連動している。

 そこに割り込んでDVDを放映しようとすると、回線の切り替えが必要で、運転席でハンドルを握ったままの姿勢では困難な場合もある。現場としてはできれば避けたい、面倒な作業だろう。

 そのような課題は認識したうえで、それでもなお、このような細かい施策を一つずつ実現していくことが重要だと考えている。

 (高速バスマーケティング研究所代表)

関連する記事

前号では山の日から始まる夏のピーク日の需要動向について述べたが、今号ではそれ以外の夏に関わる施策について考えてみたいと思う。 8月11~18日の夏の代表的な部分について…

続きを読む

4月29日、筆者は長野県伊那谷の長谷中尾地区にある中尾座で催された「中尾歌舞伎春季定期公演」を楽しんだ。250年前に旅芸人により伝えられたという歌舞伎は、地元の住民が習い…

続きを読む

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会も大詰めを迎えている。日本は悲願の1次予選を突破したものの、初戦で姿を消し、残念な結果となった。ところで、試合を見て気になったの…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

長澤まさみさん「Meet Colors! Taiwan」CM発表会