【岐路 バスと観光 新たな関係 89】高速バスのバスターミナル2 成定竜一

  • 2018年5月16日

 ひと口に「バスターミナル」と言っても、明確な定義があるわけではない。自動車ターミナル法では「乗合バスの旅客の乗降のため、乗合バス車両を同時に2両以上停留させることを目的とした施設で、道路の路面や駅前広場など一般交通の用に供する場所以外の場所に同停留施設を持つもの」と規定されている。

 同法によると、複数のバス事業者が乗り入れる「一般バスターミナル」と、乗合バス(路線バス、高速バスや定期観光バスを含む)事業者が自らの事業のために運営する「専用バスターミナル」に分類できる。

 ただし、後者であっても共同運行先の事業者が乗り入れるケースもあるし、そもそも同法には該当しない停留所が、通称として「バスターミナル」と呼ばれることもある。

 おそらく日本一有名なバスターミナルである「バスタ新宿」は、車路部分は「国道」扱いとなっており、自動車ターミナル法の対象ではない(厳密に言うとバスタ新宿は、タクシー乗降場や観光案内施設などを含む「新宿南口交通ターミナル」全体の愛称であり、高速バス乗降場部分の正式名称は「新宿高速バスターミナル」である。だが、繰り返しになるが、その正式名称にも関わらず自動車ターミナル法の対象外である)。

 そこで、本稿では特に断らない限り、(1)乗合バス(そのうち、特に高速バスや定期観光バス)が多数発着する。なお、それとともにバスツアーなどの貸し切りバスが発着することもありうる(2)複数の発着バースが設置されている(3)発券、案内窓口が設置され、放送による案内があったり乗り場に案内スタッフが配置されているなど、乗客が人による案内を受けられる│という条件を満たした箇所をバスターミナルと呼び、そのうち、特に高速バスの発着が多いものを「高速バスターミナル」と呼ぶこととする。

(高速バスマーケティング研究所代表)

関連する記事

お正月に、おせち料理を食べるか否かについて、ある企業が既婚女性に対してアンケート調査を行ったところ、41%もの人が「食べない」と答えたという。理由は「あまり好きではない」…

続きを読む

「平成」最後の新年を迎えた。名残惜しむかのように「平成最後」の言葉が目立つ。天皇陛下が新年の祝賀を受ける一般参賀も、平成最多の約15万5千人になった。大震災に大洪水と自然…

続きを読む

2019年の1月、2月に上昇が予想される検索キーワードを紹介する(「18年1月に検索されるキーワードとは?」「18年2月に検索されるキーワードとは?」byYahoo!プ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube