【岐路 バスと観光 新たな関係 89】高速バスのバスターミナル2 成定竜一

  • 2018年5月16日

 ひと口に「バスターミナル」と言っても、明確な定義があるわけではない。自動車ターミナル法では「乗合バスの旅客の乗降のため、乗合バス車両を同時に2両以上停留させることを目的とした施設で、道路の路面や駅前広場など一般交通の用に供する場所以外の場所に同停留施設を持つもの」と規定されている。

 同法によると、複数のバス事業者が乗り入れる「一般バスターミナル」と、乗合バス(路線バス、高速バスや定期観光バスを含む)事業者が自らの事業のために運営する「専用バスターミナル」に分類できる。

 ただし、後者であっても共同運行先の事業者が乗り入れるケースもあるし、そもそも同法には該当しない停留所が、通称として「バスターミナル」と呼ばれることもある。

 おそらく日本一有名なバスターミナルである「バスタ新宿」は、車路部分は「国道」扱いとなっており、自動車ターミナル法の対象ではない(厳密に言うとバスタ新宿は、タクシー乗降場や観光案内施設などを含む「新宿南口交通ターミナル」全体の愛称であり、高速バス乗降場部分の正式名称は「新宿高速バスターミナル」である。だが、繰り返しになるが、その正式名称にも関わらず自動車ターミナル法の対象外である)。

 そこで、本稿では特に断らない限り、(1)乗合バス(そのうち、特に高速バスや定期観光バス)が多数発着する。なお、それとともにバスツアーなどの貸し切りバスが発着することもありうる(2)複数の発着バースが設置されている(3)発券、案内窓口が設置され、放送による案内があったり乗り場に案内スタッフが配置されているなど、乗客が人による案内を受けられる│という条件を満たした箇所をバスターミナルと呼び、そのうち、特に高速バスの発着が多いものを「高速バスターミナル」と呼ぶこととする。

(高速バスマーケティング研究所代表)

関連する記事

南北首脳会談が行われるなど朝鮮半島情勢が動き、北朝鮮と米国の首脳会談が6月12日に開催が予定され、米国人3人が北朝鮮から解放された。歴史的な事柄が次々に起こり、変化してい…

続きを読む

前回に引き続き、売り上げや利益、顧客満足度アップに大きな効果が得られたベスト施策を紹介しよう。 18、館内にキャッシュポイントを増やす 館内で稼働が低いスペースを有効…

続きを読む

7年前、「スポーツ振興法」が時代との乖離(かいり)が大きくなり、「スポーツ基本法」に改正された。この法案作りに深く関わった者の一人として、特に主張した障がい者スポーツの振…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

東京スカイツリー・日台観光友好交流5周年「台湾観光フェア」