【岐路 バスと観光 新たな関係 83】高速バスと観光 21 成定竜一

  • 2018年3月13日

 全国のあらゆる高速バス路線を自由に乗降できるフリーパスがあれば、確かに、便利そうに見える。

 しかし「Japan Rail Pass」が「北海道も京都も広島も」というふうに細長い国土の各地を効率的に訪れようとすれば大変有効なのであるのに対し、鉄道(特に新幹線)に比べ所要時間が長い高速バスを乗り継いで全国を旅行するのは、いかにも効率が悪い。ましてや、有効期限を設定するならば、結果として全国を回ることは無理かもしれない。

 「地域内の高速バスが乗降自由になるフリー乗車券を設定したい」という希望も聞かれる。

 この分野では、2005年に、九州内の高速バス(その後、路線バスや一部の航路も追加)が乗降自由となる「SUNQパス」が発売され、国内客、訪日観光客の双方に人気である。17年度は年間発売枚数が初めて10万枚を突破した。それと同じようなものを地元でも、という希望である。

 だが、九州はもともと「高速バス王国」と呼ばれ、福岡をハブとした高速バス路線のほか、それ以外の都市どうしも直結する重層的な路線網が張り巡らされている。もともと人口規模がそこそこ大きい都市が近接している九州ならではの路線網だ。さらにそれらの路線の中間地点に、湯布院や阿蘇、高千穂といった観光デスティネーションも点在している。

 一方で北海道や東北などでは、札幌や仙台といった中核都市をハブとした高速バス路線こそ充実しているが、それ以外の都市どうしを直結する路線は少ない。札幌や仙台発着の路線も、各地からこれらの都市に向かう地元在住者向けのダイヤ設定となっている。FITにとっては、フリー乗車券があったところでその利用価値が大きくないといえる。

 やはり、まずは大都市と観光デスティネーション、またデスティネーションどうしを結ぶ観光客向けの高速バス路線を一つ一つ充実させるとともに、それらを乗り継いで旅行しやすい環境を作ることの方が大切である。

(高速バスマーケティング研究所代表)

関連する記事

前回に引き続き、M&Aを実施するに当たり失敗しないためのポイントを紹介しよう。事業拡大、発展のチャンスとなる成功事例もあるが、中には本業の業績悪化につながった失敗事例も出…

続きを読む

改めて申し上げるが、「磨け!独自価値」の言葉は、弊社が発行する「旅館の経営指針」において、昨年掲げたテーマフレーズである。 ところで、その前年の「経営指針」で掲げたテ…

続きを読む

認知症高齢者の増加が今、国際的に問題となっている。わが国では、2012年に推計462万人であった認知症高齢者数が、2025年には700万人に達し、さらにMCI(軽度認知障…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube