【岐路 バスと観光 新たな関係 134】どう解決 乗務員不足31 高速バスマーケティング研究所代表 成定竜一

  • 2019年4月23日

 ここまで、バス業界が直面する乗務員不足について考えてきた。まとめると以下の通りだ。

 まず、「団塊の世代」(各年齢の人口200万人超)が引退した一方、現在の若年層は各年齢が約125万人に過ぎず、生産年齢人口の減少が続く。人手不足は国全体の問題で、求人に関する環境が従来とは全く変化してしまった点を皆が理解する必要がある。

 採るべき手は、「プル型施策」「プッシュ型施策」「リテンション施策」に分けられる。

 まず、もともとバス乗務員を仕事候補だと考えている求職者を、他社ではなく自社に導く「プル型施策」である。具体的には、バス乗務員に特化した求人サイト活用などだ。

 次に、これまで活用が遅れていた若年層(特に高校、専門学校、大学などの新卒者)や女性に、バス乗務員という仕事を認知してもらう「プッシュ型施策」である。

 足元での成果(採用数)にこだわらず、長期的に「市場を育てる」という意識をもって、マスメディアの活用など積極的に情報発信を行う必要がある。

 三つ目が、現役の乗務員の離職を防止する「リテンション」である。公平で透明、かつ現場に過度のストレスを与えることのない人事評価制度を確立し、真摯(しんし)に取り組んでいる者が正しく評価され処遇を受ける仕組みを作ることが求められている。

 個別の事業者によるこれらの取り組みのほか、業界横断的なアプローチも必要で、特に、「プッシュ型施策」においては重要だ。現在、大型2種免許の受験資格(年齢要件)緩和の検討が進んでいるが、これも業界として取り組んだ結果の一つである。

 近年、法令順守、安全確保意識が大きく欠如した一部の貸し切りバス事業者において続いた重大事故によって、バス乗務員のイメージは必要以上に大きく傷ついた。もし、再び同様の事故が発生するようでは、求人はさらに困難になろう。バス運行に欠かせない乗務員確保というミッションは、なにも「人事部」だけの課題ではない。

 日々の運行を安全に遂行するとともに、現役乗務員のリテンションに直結する現場にこそ、その鍵があるのかもしれない。

(高速バスマーケティング研究所代表)

関連する記事

前回に引き続き、労働時間を減らしながら売り上げを維持・向上するためのポイントを紹介しよう。仕事のやり方を変えずに新法に対応しようとすると、より多くのスタッフが必要となり、…

続きを読む

「春の全国交通安全運動」が11日から20日まで行われる。痛ましい交通事故が相次いでいるだけに、この機会にドライバーは安全運転の重要性をいま一度確認してほしい。旅館・ホテル…

続きを読む

台風24号で、わが家のサンルームの屋根であるガラスが、ふっ飛んだ。強い風で近くの家の杉の大木が折れたり、被害が多かった。が、23号の被害は甚大で、関西国際空港は想定外のタ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube