【岐路 バスと観光 新たな関係 105】どう解決 乗務員不足2 高速バスマーケティング研究所代表 成定竜一

  • 2018年9月11日

 前回述べたように、まず重要なことは、この国全体で大変な人手不足の状態にあることを経営者が正しく認識することである。

 その最も大きな要因は、人口構成のいびつさである。

 現在、70歳前後を迎えているいわゆる「団塊の世代」が誕生したのは1947年から49年の間である。戦後ベビーブームと呼ばれる時期だ。この3年間の出生数は合計で800万人を超えている。また、その後の2年間もそれぞれ200万人を超えている。

 彼らが定年を迎えた今でも、年齢別総人口はそれぞれ200万~220万人である。それに対し、2018年の新成人は123万人にすぎない。

 生産年齢人口(本来の定義は15歳以上65歳未満を指すが、わが国における実質的な労働者の年齢層を考えると20歳前後から65歳を考えるのが妥当であろう)は、ここ数年、毎年200万人を超す退出がある一方、123万人程度しか新しい参入がないわけであり、毎年数十万人が減少しているのである。

 そして、産業構成が変化しているにも関わらず、多くの企業で終身雇用が定着しており、雇用が硬直しているという問題もある。

 さらに、同年齢人口が減少するのと反比例するように、大学進学率が上昇している。いわゆる「団塊ジュニア」世代が大学進学期を迎えた1992年に約26%であった大学(短期大学を含む)進学率は、急速に上昇し2009年に50%を超えている。

 大学卒業者以外を採用活動の主な対象としてきた分野では、少子化による若年層自体の減少に加え、大学進学率の上昇によって、さらに大幅に対象者が減少しているのである。

 一方、人口ボリュームの大きい「団塊の世代」は、定年を迎えたもののバスを含むサービス業の顧客として健在である。市場規模に比べ実質的な生産年齢人口の落ち込みの方が急激であり、その差分が、わが国で構造的な人手不足状態を生み出しているのだ。

(高速バスマーケティング研究所代表)

関連する記事

東日本大震災と原発事故からの復興の歩みは順調とは言い難い。時間の経過とともに、その記憶が風化していく懸念も指摘されている。東北地方の観光復興もまだ途上にある。 そうした…

続きを読む

人の問題を考えていくに当たり、手始めにモチベーション(動機付け)というものから入っていきたい。 モチベーションのもともとの意味は「自発性」「積極性」といったことである。…

続きを読む

「この商品の価値は分かる人には分かる。価格は決して高いとは思わない」。着付け体験を主催する女性経営者の力強い発言でそのパネルディスカッションは始まった。先日参加した姫路で…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube