【岐路 バスと観光新たな関係 98】高速バスのバスターミナル11 成定竜一

  • 2018年7月17日

 これまで、短・中距離の高速バス路線においては、「ウェブや電話であらかじめ予約→発券(運賃の支払い)は当日、乗車直前に」という使い方が一般的であった。発券(支払い)していなければ、たとえ乗り遅れても乗客には金銭的な負担がないからだ。20分間隔など高頻度で走る路線ほど、また使い慣れたリピーターほど、このような利用が習慣化している。

 バス事業者からみれば、ノーショーとなって売り上げを毀損(きそん)するリスクがあるものの、鉄道自由席と競合する以上、なるだけ気軽に利用できる環境を確保するため、事前の発券期限を設けてこなかった。

 また、バスが起点停留所を発車して以降は、途中停留所からの新規予約や変更、取り消しがあっても乗務員に伝える方法がなかったため、これまでは「電話やウェブ上での予約、変更などは、起点停留所発車の30分前」といった受付期限が設定されることが多かった。

 パーク&ライド駐車場があるような途中停留所から乗車する場合は、その1~2時間も前に変更や取り消しの期限が来てしまうので、リピーターは、ウェブ上で簡単に決済できるようになっても、わざわざ事前に決済をせず、乗車時に窓口や車内で発券(支払い)をするのが一般的だった。

 だが、車内にタブレット端末を搭載し、座席管理システムのサーバーと常に通信して最新の予約状況を把握する「電子座席表」が普及しつつある。これにより、「予約、変更などの受付期限」を、それぞれの停留所の発車時刻の数分前に繰り下げることができ、途中停留所からの乗客にとって、ウェブ上でクレジット決済を行うデメリットはほぼなくなる。

 その結果、バス事業者が採るべき施策の幅が大きく広がる。

 例えば、運賃を(鉄道との競合上、不利にならない程度に)値上げしたうえで、ウェブ上でクレジット決済を行った場合に割引運賃を設定(おおむね現行の運賃額)すれば、客単価を落とすことなくクレジット決済に誘導することができ、ノーショーを減らすことができる。もちろん、バスターミナルでの発券に関わるコストも下げることができるのだ。

(高速バスマーケティング研究所代表)

関連する記事

「平成」最後の新年を迎えた。名残惜しむかのように「平成最後」の言葉が目立つ。天皇陛下が新年の祝賀を受ける一般参賀も、平成最多の約15万5千人になった。大震災に大洪水と自然…

続きを読む

2019年の1月、2月に上昇が予想される検索キーワードを紹介する(「18年1月に検索されるキーワードとは?」「18年2月に検索されるキーワードとは?」byYahoo!プ…

続きを読む

前回に引き続き、業務マニュアルを上手に作成するための手順を紹介しよう。作成するにあたって重要となるポイントだけでなく、運用・定着化のコツも紹介したい。 11、旅館・ホテ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube