【テツ旅、バス旅 14】乗り放題とひとり旅 旅行総合研究所タビリス代表 鎌倉 淳

  • 2021年4月24日

 JR西日本が発表したフリーきっぷが注目を集めています。「JR西日本どこでもきっぷ」という名称で、新幹線、特急も含めて同社線が乗り放題。3日間有効で価格は2万2千円という夢のような設定です。新型コロナウイルス感染症拡大の影響で発売見合わせとなりましたが、鉄道ファンの度肝を抜きました。

 JR線の乗り放題きっぷといえば「青春18きっぷ」と「フルムーン夫婦グリーンパス」が有名です。しかし、青春18きっぷは普通・快速列車のみ乗車可、フルムーンは夫婦あわせて88歳以上のみ利用可と、それぞれ厳しい制約があります。これに対し、「JR西日本どこでもきっぷ」には、そうした制約がないのです。

 JR本州3社で、新幹線、特急にも乗車可能な全線乗り放題きっぷが、年齢制限もなく、平日も土休日も利用可能な設定で発売されるのは、かなり異例です。新型コロナウイルス感染症で列車の利用状況が悪いなか、JR西日本が前代未聞の「空席活用策」を打ち出したといえるでしょう。

 同社が近年発売してきたフリーきっぷは、2人以上利用可という設定が多くなっていました。2人以上に制限することで、グループやファミリーにターゲットを絞ることができ、極限まで列車に乗りまくる鉄道ファンや、出張のビジネスマンの利用に歯止めをかけていたのです。

 それに対して、「JR西日本どこでもきっぷ」は、1人でも利用可能という設定です。新型コロナウイルス感染症が収束しないなか、おしゃべりしがちなグループ旅行よりも、寡黙なひとり旅のほうが旅行先にも受け入れられやすい、という判断でしょうか。というよりも、このご時世で不急不要の旅に出やすいのは、単身者だけなのかもしれません。

 乗り放題きっぷの魅力は、価格面のお得さもさることながら、乗車区間を事前に決めなくていいので、臨機応変な旅ができることです。行き当たりばったりで列車に乗り、気が向いたら途中下車。1人なら、こうした予定を決めない旅をしやすいので、乗り放題きっぷとの相性は抜群です。

 最近の日本の旅行業界は、ともすればインバウンドの団体ツアーの誘致に力が入りすぎていました。しかし、新型コロナを機に、こうした企画きっぷが考案されて、国内の「ひとり旅」需要が見直されていくきっかけになるかもしれません。

 (旅行総合研究所タビリス代表) 

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram