【シニアマイスター経営の知恵 57】2020年東京オリンピック後も生き残れますか 一尾敏正

  • 2018年4月14日

 観光業の労働生産性向上が声高にいわれている。多くの経営者は、労働生産性と品質の狭間にいる。

 一般的に労働生産性向上を担っているのが機械化である。人件費が最大のコストである。某自動車メーカーに倣いコストカッターを自慢する経営者も出てくる。現実に、空港や宿泊業での自動チェックインが進みつつある。人に取って代わる業務である。だが、全てを機械化できるものでもない。頭で分かっても経営者を悩ます課題である。固定観念、プライドが邪魔をする。そんな常識を変え、取り組む企業がある。2件紹介する。

 先般訪れた「湯元館」である。トリップアドバイザーでも上位のランキングである。省力化とサービス向上に成功している。さらに驚くことに同業他社に情報を公開している。業界への貢献も大きい。旅館業の最大のコストを調理と捉えている。調理部門を改革した。また、業務の中心にチームワークを入れた。チームワークは、情報の共有化である。生産性向上の中心に情報が置かれ、サービス提供者、調理、洗い場担当など館内が一元化された。現場は生き生きとしていた。

 もう一つが「道頓堀ホテル」である。大阪でホテルがにぎわったのは一時である。多くが低価格の民泊に客を奪われ、ビジネスホテルといえども稼働率は低下している。その中で、訪日外客から支持されている。このホテル、特段安い訳ではない。むしろ高い観もある。しかし、人気は高い。人気の秘密は、従業員の働きにあった。ゲストに対して一生懸命である。この一生懸命が違う。ここに、採用から人材育成の独自のプロセスを作った。同社の橋本専務曰く、採用にこだわり、理念を訴えたという。同じ価値観を共有する。そのために、採用試験や採用後のフォローも一人一人に時間を惜しまない。

 近年、コア・コンピタンス経営といわれるが、真の強みは、顧客以上に従業員のファンを増やすことだ。そのためにも、経営者が自らを見つめ直し、人件費がコストでなく、宝となる努力が必要である。

 (NPO・シニアマイスターネットワーク会員 神戸海星女子学院大学現代人間学部准教授 日本ホスピタリティマネジメント学会会員、一尾敏正)

関連する記事

前回に引き続き、働き方改革法への対応について具体的なポイントを紹介しよう。罰則付きの残業時間の上限規制、年次有給休暇の取得義務、勤務間インターバル制度導入の努力義務、同一…

続きを読む

対外貿易で栄えた自由都市の面影   大阪市の南に隣接する堺は人口83万の政令都市。工業、商業の盛んな大阪府内第2の活気ある町である。 歴史は仁徳天皇や履中、反…

続きを読む

膝がコキコキと古傷を鳴らすようになったと同時に、古希を迎えた。体力の弱化、筋肉の劣化、前期高齢者の仲間入りを果たすと、自分の体が自分のものでないように感じてしまう。友人た…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

長澤まさみさん「Meet Colors! Taiwan」CM発表会