【オマツリジャパンの毎週祭日 93】冬の秋田に咲く飴の花 花火・お祭りライター 愛木敬介

  • 2021年9月5日

きれいな飴を飾ったミズキの木が並ぶ

大館アメッコ市(秋田県大館市)

 大館市は秋田県北部の街。渋谷駅前で、急逝した飼い主を10年待ち続けた「ハチ公」の出身地である。大館駅のホームには秋田犬の足跡シールが貼ってあり、駅前広場では秋田犬の銅像がお出迎え。さらにこの街は、日本三大地鶏の一角である「比内地鶏」の産地であり、名物駅弁「鶏めし」が有名。駅のニューデイズでも販売しているが、駅向かいの花善さんに行くと確実に買える。

 今回紹介する「大館アメッコ市」は400年以上前の天正年間(1573~1591)、大館城下に開かれた「市」で始まったとされ、近くの山に祭られる「白髭大神」が飴(あめ)を買いに来たという伝説もある。祭りの日に沿道を彩る鮮やかな木は、農家が旧正月の行事として豊作を祈願するため、ミズキの枝に飴を付け、稲穂の代わりに神前に供えるようになったものだ。

 飴を作って食べていたのは農家であったが、農家以外の人も健康と幸福を願いこの日に飴を食べるようになり、そのための飴を農家の主婦が町で売るようになった。現在では毎年2月第2週の土日に大町通りで開催されており、色とりどりの飴が飾られたミズキの木が並ぶ。縁起物である達磨や鯉(こい)の絵馬も飾られる。お願いごとを書いた短冊も飾られほほ笑ましい。

 お祭りの終盤になると、ミズキの枝の切り売りが始まり、枝の大きさに応じて、500~数千円で販売される。最後は全て切り落とされ、祭りは終わりを迎える。

 このお祭りの日に飴を食べると風邪をひかないと言われており、縁起の良い飴を買い求めるお客さまが、例年であれば県内外からたくさん訪れ大町通りを埋め尽くす。2021年、コロナ禍の影響で冬のお祭りが軒並み中止になる中、アメッコ市は感染対策を施し、工夫を凝らして縮小開催にこぎつけ、その伝統を絶やさない姿勢に感銘を受けた。ミズキの木々に飾られた鮮やかな飴の実は、雪に閉ざされた北東北に、ひと足早い春景色を出現させたようであった。

(花火・お祭りライター・愛木敬介)

【オマツリジャパン】
日本初の祭りサポート専門会社。「祭りで日本を盛り上げる」を目標に掲げ、祭りのコンサルティング、プロモーション、日本最大級のWEBプラットフォーム運営など、地方創生に取り組む。https://omatsurijapan.com

きれいな飴を飾ったミズキの木が並ぶ

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら