【オマツリジャパンの毎週祭日 42】裸男1万人の果てなき熱量 お祭り男・菅原健佑

  • 2020年7月28日

宝木投下を御福窓下で待つ裸男のせめぎ合い

西大寺会陽(岡山市)

 「ドンッ、ドンッ、ドンッ」。2月の澄んだ空気を伝って太鼓の音色が広い境内に響き渡る。ここは岡山県岡山市西大寺。天下の奇祭ともうたわれる「西大寺会陽」がまさに始まろうとしている。

 この祭りは裸男(はだか)の参加者が1万人にものぼり、国内最大の裸祭りとも言われている。起源は古く、起こりは奈良時代までさかのぼる。会陽19日前に事始式、会陽2週間前からは修正会が行われ、結願の日(2月第3土曜日)に宝木(しんぎ)が投下され、福男の座をかけて裸男たちが争奪戦を繰り広げる。

 私もまわしを締め、仁王門をくぐった。今年で3回目の挑戦になる。なんの因果があってか、生まれも育ちも全く関わりないこの地の祭りに参加し続けている。これもまた私を駆り立てる何かが西大寺会陽にあるのだろう。

 目の前には本堂。大勢の裸男たちが殺到している。本堂の上部・御福窓から投下される宝木を獲るため、投下数時間前から体と体をぶつけ、ひしめき合いながら待ち構えている。いつもこの光景を目の当たりにすると足がすくむ。

 ふと遠くを眺める。煌びやかな衣装をまとった女性たちが太鼓を打ち鳴らす。裸男の安全を祈願し奉納される太鼓の音。リズムに急かされるように、いよいよ腹をくくって裸男の群衆に飛び込む。

 暑い、いや、熱い。これが1万人の裸男たちの熱量。あまりの暑さに本堂下では湯気が立ち昇る。福男になるために岡山まで来たのだ。ここで引き下がるわけにはいかぬ。葛藤をしながら宝木投下を私もひとりの裸男として待つ。

 22時。宝木が投下された。灯が消され、漆黒に舞う宝木。私の手元に宝木と思しきものが飛び込んで来た。しかし、手に何かをつかめたと思ったのも束の間、周りを取り囲まれ、争奪戦になった末に奪い取られてしまった。今年も福男にはなれず。

 悔しさや疲労感、さまざまなものが押し寄せてくる。しかし、闘いを乗り越えた際に訪れる安堵(あんど)、そして、生の感覚。この不思議な感覚が私を会陽のとりこにしてやまない。

(お祭り男・菅原健佑)

【オマツリジャパン】
日本初の祭りサポート専門会社。「祭りで日本を盛り上げる」を目標に掲げ、祭りのコンサルティング、プロモーション、日本最大級のWEBプラットフォーム運営など、地方創生に取り組む。https://omatsurijapan.com

宝木投下を御福窓下で待つ裸男のせめぎ合い

 

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram