【オマツリジャパンの毎週祭日 104】海に飛び込むだんじり 渡辺葉

  • 2021年11月15日

豪快に海へ飛び込むだんじり

沼島八幡神社春祭り(兵庫県南あわじ市)

 だんじりが海に突っ込むと聞き、2016年5月4日、名古屋から日帰りで見に行った。沼島(ぬしま)は淡路島のそばの島だ。イザナミイザナギによる国産(くにう)み伝説があり、中世には梶原氏率いる沼島水軍が活躍した。紀貫之の「土佐日記」にも、沼島の海賊を恐れる一節がある。

 元は旧暦8月15日に行われた魚供養のお祭りで、5月3日、4日に行われる現在は、両日ともだんじりが出る。沼島のだんじりは岸和田と同じくらい歴史が古いらしい。1日目は子どもによる沼島太鼓が、2日目には八幡神社と弁財天神社をみこしが往復する御旅(おたび)行事が行われる。男の神である八幡様と女神の弁天様が年1度会う、七夕のような意味があるそうだ。だんじりには笹飾りがしてあった。

 波の状態によってはだんじりが海に入らないそうだが、この年は波が穏やかでジャブジャブ入っていた。海を進むだんじりの上では小学生が平気な顔をして太鼓や笛を奏で、主役の年男がだんじり屋根に立って号令をかけ、それを女の子がはやして盛り上げていた。

 だんじり先導役の人が、「地区により(だんじりの)浸かり具合が違う。俺らんとこはあほやし最初から深く突っ込む。昔はみこしは高価やで、海に少しでも入ると上の人らにえらい叱られたけど、今の若いのはみこしでもお構いなしや」と教えてくれた。
海へ入る豪快さとともに印象に残ったのは、だんじりをひく際に唄われるだんじり唄だ。ある地区では最近唄い手になったという若い女性が初々しい声で唄い、ベテランの人たちが後に続いて盛り立てていた。太鼓や担ぎ手も含め、祭りで女性の活躍の目立つ島だった。海辺で繰り広げられる昼食の光景も良かった。休憩の間も、若者は太鼓をたたいたり踊っていた。

 祭りに夢中で他をほとんど観光できなかったが、猫が多い路地の町並みや鱧(はも)料理、梶原氏の史跡、オリジナルの飛び出し坊やの標識など見どころ満載で、ぜひ再訪したい島だ。

(渡辺葉)

【オマツリジャパン】
 日本初の祭りサポート専門会社。「祭りで日本を盛り上げる」を目標に掲げ、祭りのコンサルティング、プロモーション、日本最大級のWEBプラットフォーム運営など、地方創生に取り組む。https://omatsurijapan.com

豪快に海へ飛び込むだんじり

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram