【ウェブで稼ぐ】デジタルマーケティングトレンド1 松本慶大

  • 2018年3月29日

 2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催に向け、国を挙げてICT化が進んでいる。デジタルマーケティングにおいても、IT分野への投資が進み、AI、VR、データ活用、マーケティングオートメーション(MA)化などのアドテク技術が広がりつつある。

     □  □

 宿泊業界が直面している課題は

 (1)人材不足(2)生産性の向上(3)販売チャネルのデジタルシフト―などが挙げられるが、今後を見据えて従来のやり方を見直し、MAを導入し、自動化による作業減少、「顧客」対応から「個客」対応にシフトし、「個客」中心のマーケティング活動を行うことが重要と考える。

 ■自動化のメリット

 無駄を無くし、作業効率を高める

 MAで一般的に考えられるメリットは、自動化による作業の減少が挙げられる。簡単な作業の部分をMAで対応し、より時間をかけるべきところにリソースを使うことができる。無駄な時間を無くし、長時間労働の見直しを行う。作業の効率化という点は、政府が改革を進めている生産性の向上、働き方改革へとつなげることも可能だ。

 ■「顧客」対応から「個客」対応へ

 One to Oneマーケティングの必要性

 One to Oneマーケティングとは、マスマーケティングと真逆のマーケティング手法だ。

 SNSの普及により情報過多の現代において、従来のマスメディア広告のように一斉に伝える広告手法の効果が薄れてきている。今後は、企業がマーケティング活動を行っていく際に、顧客一人一人の趣向や属性などを基にした上で、顧客に対して個別にマーケティングを行っていくように見直されている。

 何かについて知りたい、調べたいと思った時、一人一人が検索して情報を個人的に収集する。その過程において、昨今のIT技術、とりわけCookieと呼ばれるものの開発により、Webサイト側が閲覧者を識別できるようになり、その閲覧者に合った情報をブラウザ内に表示することができる。MA化を行う際に、One to Oneマーケティングは必須の対応だ。

 (コレリィアンドアトラクト代表取締役)

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram