【インターネット徹底集客 218】夏本番前の重要点検事項 アビリブ・プライムコンセプト取締役 内藤英賢

  • 2019年7月16日

 前号ではお盆時期を中心とした夏の需要予測を実施した。今号では、それ以外に、夏休み期間で売り上げアップが望めること、やっておくべきことを点検事項と称して見ていきたいと思う。

 まずは、「ターゲットの選定」である。夏休み期間ということもあり、多くの施設でファミリー層が圧倒的な顧客層になるかと思うが、ファミリー層にうまく自施設の魅力がPRできているかの点検が必要である。

 また、逆にファミリーに向いていない宿であれば、その点をPRすることも大事である。例えば、お子さま受け入れをしていない大人のための宿を自認しているのであれば、お子さま受け入れをしていないことをPRポイントに据えて、静かにゆっくりと過ごせることが魅力化できる。ご夫婦やカップルで夏休みをそのように過ごしたい方は少なからずいるので、その層をターゲットにした商品や見せ方がきちんとできているか等は重要な点検項目である。

 続いて、「客室タイプ別の稼働率分析」である。こちらはできれば夏休みの過去分と今年の先行予約の両データを参照することをお勧めする。レベニューマネジメントにおいて一律で料金コントロールをしている施設も多いであろうが、結果的に、ファミリー層に強い和室の稼働率が非常によかったが、洋室の稼働率が奮わなかった等のケースはよく見られるパターンである。本年もそのような傾向が確認できるのであれば、「和室のレートを上げる」「洋室の販促策を実施する」等の対策が可能になる。

 第3に、こちらは昨年でもお伝えした「オペレーション効率化との連動」である。代表的なもので、料理プランを絞ることで、調理場と料飲の負荷を軽減する。キャッシュレス化を進めることで、予約や会計業務の負荷を軽減することなどを挙げたが、本年でも再検討してほしい。

 最後に、「付帯売り上げの対策」である。多くの宿泊者がいるということは、それだけ付帯売り上げを上げるチャンスにもなるということなので、売店の商品ラインアップや夕食時のドリンクのオペレーション確認、WEBでのオプション商品の販売等に漏れがないかを今一度見直しをしてほしい。

 最も売り上げが望める夏において最大の効果が発揮できるように、準備を万全にしてほしい。

 (株式会社アビリブ・株式会社プライムコンセプト 内藤英賢) 

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram