【インターネット徹底集客 214】GW10連休の反動 アビリブ・プライムコンセプト取締役 内藤英賢

  • 2019年5月21日

 全国的に絶好調であったGWを終えて、各地でGW後の反動と対策に追われている施設も多いことであろう。今号ではその対策について考えたいと思う。

 まずは集客対策となると思うが、GW後~夏休み前まで旅行できるターゲットを明確化することが必要である。具体的にはリタイアしたシニア層、ビジネス層、未就学児を持つ3世代層、日本とは休みの事情が異なる海外ゲスト層などが該当すると想定される。

 自施設やエリアが取り込めるターゲットゾーンを明確化して、きちんとそこに対してアプローチできているかの再点検が必要である。例えば、シニアに対してはシニアのご夫婦向けのコンテンツがホームページ上などでPRできているか(花のコンテンツ、山のコンテンツ、歴史や文化のコンテンツ、新緑や梅雨や初夏にしか体験できないもの等)、あるいは料理に関しても、シニア向けに喜ばれる量より質の会席を一層売り出そうという姿勢や、足が悪い方もいるので、ベッドルームを中心に商品造成をする等の施策が挙げられる。ただ単に値下げするよりも「50歳以上のご夫婦に最適! 人気の量より質会席と和ベッドルームにW無料アップグレードプラン」等の商品を造成した方がシニアの方には喜ばれるかもしれないのだ。

 また、海外ゲスト層を取り込むのであれば、繁忙期にはできなかったと思われる海外サイトの点検やシニア対策同様に、きちんとコンテンツがPRできているか等も大事である。意外と海外サイトの写真に季節感がなかったり、古いまま放置されていたりというケースはよくあるので、注意が必要である。

 とはいえ、閑散期であることには間違いはないので、最初から集客が望めそうにない曜日や日に関しては休館日としてしまい、スタッフを含めた休暇の取得や館内メンテナンス、あるいはパワーアップのために、さまざまな視察に出掛けるというのも有効な手立てであろう。

 GWの反動で落ち込んだと言っていても始まらないので、閑散期をいかに戦略的に使うかが、次なる閑散期対策や繁忙日対策につながるので、いろいろと試行錯誤いただきたい。

 (アビリブ・プライムコンセプト取締役 内藤英賢)

関連する記事

すき焼きで有名な博多の老舗「中洲ちんや」が、先月惜しまれつつ71年の歴史に幕を閉じた。二代目経営者で女将の古賀人美さんが生まれた年に精肉店として開業、その後飲食店も併設し…

続きを読む

2019年8月から楽天トラベルにおいて、料金体系と基本規約が改訂になるが、その中で最低・同一料金保証の条項が消える。施設にとってはどのチャネルでどういう販売戦略をとるのか…

続きを読む

前回までの「観光と福祉」というテーマから一転して、今回からはしばらく、「宿泊関連研究部会」(以下、「JAFIT宿泊部会」という)のメンバーでリレーさせていただく。 筆者…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube