【ちょっと よろしいですか 88】宿をユニバ―サルデザイン化する際に、くれぐれもご注意を 山崎まゆみ

  • 2022年6月26日

山崎氏

 現在、有識者として観光庁のさまざまな会議に参画しています。中には、旅館や地域の事業計画書を拝見する機会もあります。

 旅館の改修計画を目にし、改修後に現地を訪ねたときの感激たるや。先日訪ねた宿でも、高単価にふさわしい素晴らしい部屋が完成していました。

 観光庁の「既存観光拠点再生・高付加価値化推進事業」、また4年連続で実施されてきた「宿泊施設インバウンド対応支援事業」などで、多くの旅館さんが改修をされています。顕著な流れとして、超高齢化社会を鑑み、宿のユニバーサルデザイン化(以降、UD化)が全国各地で進んでいます。

 ただ…見学したときに、「この部分はこうした方がもっとお客さんが喜ぶのになぁ…」と、残念に感じることもないわけではありません。

 宿のUD化を検討されている方に、基本的な考え方を列記します。

 まず「ドア幅の間口」について。90センチあればベター、100センチあればベストです。これは体の大きな外国人や電動車いすも想定したサイズ。ただ車いすを自走するお客さんは、間口が狭い方がドアを閉めやすい場合もあります。介助者がいる高齢者などは、広い方が良いでしょう。

 次に「洗面台の高さ」について。床から洗面台までの高さは70~75センチほどでしょうか。そのまま車いすが入れるように、奥行きのスペースの確保も忘れずに。

 さらに「床の素材」に注意。電動車いすを想定し、床がその重さに耐えられるかが必須条件です。

 「客室にお風呂がつく場合」ですが、和室からも、ベッドルームからも、ダイレクトにお風呂に行ける動線があると喜ばれます。それはトイレも同じです。

 コツとして「広さを確保する」ことは、UD化のお部屋においては大変重要。次の間など、空間に余裕があるなら、部屋の広さの方が優先です。
 和室ならば、壁に保護シートを貼ることを考慮してもいいかもしれません。車いすのまま和室に入る場合、壁に車いすをぶつけてしまうことも予想されるからです。

 改修において、最も大切なのは「湯船の構造」です。まず車いすユーザーには、掘り式のお風呂よりも、床に湯船が乗っているスタイルの浴場の方が喜ばれます。その湯船の高さは50センチ前後が目安です。45~55センチの高さなら、車いすを横付けすることができるためです。

 さらに「移乗台」が用意してあると便利です。車いすの座面から腰をあげ、移乗台に腰を下ろし、その後、足から温泉に入っていけるので動作がスムーズです。なお湯船の縁を広くすれば、「移乗台」の役割も果たせます。

 UD化した部屋の情報公開です。公式サイト上には、必ず各所のサイズと画像を掲示してください。動画でアップすることができたら、お客さんにはより分かりやすく伝わるでしょう。

 そして駐車場からフロント、ロビー、部屋、大浴場、食事処への動線に、段差や階段があるのか、ある場合は何センチの段差なのか、エレベーターの有無なども、明記してください。一見、UD化にとってネガティブと思われがちな段差や階段の情報は、予約前にお客さんに説明し、納得してから来ていただくと、滞在中のトラブルが減ります。

 このように、ハードの整備だけをしても受け入れ準備OKというわけにはいかないのがUD化改修の難しさです。

 施設改修や案内の心得に加え、「受け入れマニュアル」の作成も大切なのですが、それはまた今度記します。

 お困りでしたら、アドバイスをいたしますので、お声がけください。

(温泉エッセイスト)

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram