【この人と60分】日本音楽著作権協会(JASRAC)広報部部長 木村美月さん

  • 2019年11月12日

木村部長

 ◎…4月1日付で現職に。長い歴史を誇るJASRACだが、広報部門の女性のトップは初という。「プレッシャーを感じている。特にこの11月18日には創立80周年の記念式典が開かれる。その前後には(旅館・ホテルなどの)長期契約者表彰なども控える。大変な時に仰せつかった」「当協会の女性職員の地位向上の先鞭(せんべん)になれば」

 ◎…1994年、地元東京の大学を卒業後入社。立川支部に配属されカラオケ管理を担当。「お客さまからさまざまなクレームやご意見を頂戴したが、その都度ご説明をし、最後に『ありがとう』と言われたときがうれしかった」。その後、大手レコード会社などとライセンス契約の交渉を行う包括契約課、無料コンサート・イベントなどを開催する文化事業部、世界中に100以上ある著作権管理団体からの入金管理や、各国に対しての情報発信などを担う国際部等を歴任。国際部時代は、外国の団体との交渉を担うために海外出張もこなし、日本のアニメの楽曲が想像以上に人気だと知った。

 ◎…子供のころバイオリンを習っていたが教則本に貼ってあったJASRACのシールに興味を覚えた。また、高校生の時に自主映画を撮影。その際に使う音楽の許諾をもらうためJASRACへ。大学時代、たまたま貼り出してあった求人票を目に留めたことが入社のきっかけ。

 ◎…温泉旅館は大好き。趣味のスノーボードを終えた後、渋川や伊香保、みなかみなどの温泉をよく訪れた。「海外と比べると日本旅館の『おもてなし』のレベルは全然違う。とにかく細かいことに気付いてくれる」

 ◎…最近の趣味はカラオケ。休日は自宅近所のカラオケ店でお気に入りの一曲、ちあきなおみの「喝采」を熱唱する。

 ◎…「旅館・ホテルの皆さまには、カラオケやBGM等を通じて、長年にわたり、作詞家・作曲家への対価の還元にご理解をいただき、心より感謝申し上げる。今後も日本の音楽文化の発展に向けてご協力を賜りたい」


木村部長

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube